勉強に関する全ての悩みに終止符を!成績を上げたい、勉強のやり方が分からない。勉強で困ったらすぐにご相談下さい!|熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミー

こんにちは。熊本の教育&勉強攻略アドバイザー、ブレイクスルー・アカデミー代表の安東正治です。

 

 

成績を上げたい、勉強のやり方が分からない、やる気が起きない。。。勉強に関するあらゆる悩みがこの世界には存在します。これらはずっと存在していて、学習塾が五万とある現在でも、根強く残り続けています。それはなぜか。熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーはその真実を掴んだからこそ、この10年、勉強戦略コンサルティングサービスを続けてきたのです。

 

 

英数国社理を漫然とやり続けていたって何の解決にもなりません。成績を上げたいと思う人の8割が伸ばせない理由、ここまで学校や学習塾がお膳立てをしていてもなお「勉強のやり方が分からない」となってしまう原因、やる気が起きないことにそれでも取り組もうとしている無自覚な錯覚など、中高生の皆さんが今知るべき話を伝えます。

 

 

【お知らせ】

▼熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーのYoutubeチャンネルです↓↓↓是非ご登録お願いします

▼こちらは一般向けに用意した新しいチャンネルで、あらゆる本を読んでその要点を解説したり、私の選んだテーマをまとめて自分で勉強、研究し、解説した動画をあげています。

熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーのYoutubeチャンネル[一般向け教養チャンネル]です↓↓↓是非ご登録お願いします

 

どんな有名ブランド学習塾でも8割は成績が上がらない

ユダヤの法則というのがあります。世界のあらゆるものは78:22という比率に分かれているというものです。以前『やりすぎ都市伝説』でオリエンタルラジオのあっちゃんが披露していた話では、例えば空気の構成成分の78%は窒素で、世界の資産の78%は富裕層が保有しており、腸内環境を適切に保つための理想的な善玉菌の比率が78%であるといったように、世界のあらゆる場面にこの78:22が登場するわけです。

 

 

この78:22を80:20として有名になったのがパレートの法則です。こちらはご存知の方も多いかも知れません。イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した経済における法則で、集団の報酬や評価が一部の構成員に集中するという経験則なのですが、もちろん綺麗に80:20になっているわけではありません。ただ、大枠で見るとそうなっていることが不思議と多い、というもの。

 

 

例えばサブタイトルにもしましたが、どんなに有名なブランド学習塾であっても、実際に入塾してから成績が劇的にアップしている人は非常に少ないですし、合格実績など看板やブランド維持に貢献しているのは生徒の中の2割ほどではないでしょうか。実際に計算したわけではありませんが、体感そんな感じです。某有名学習塾では成績の良い生徒にいくつも学校を受験させて合格実績をかさ上げしていたり、一度在籍した生徒の実績を退塾後も自塾のものとしてカウントしたりしているので、本当の数字が分からないのですが、学習塾の合格実績を足していくと実際の合格者数よりも多くなったという話は有名です。

 

 

ただここで言いたいのは、本当に2割なのか?8割は伸びないのか?という話ではなく、それくらい学習塾に行っても伸びないよ、という話です。どんなに有名なブランド学習塾に行ったところで、そこに行っただけでは成績は伸びないのです。成績が伸びるためには本人がちゃんと努力しなければならない。そこが分かっていない人が結構いるということです。そして大抵の学習塾は量をさせるだけです。テキストはテキスト業者が作成したり本部の専門の課が作成したものを使いますが、これからはAIが個別に分析をしてあなたに必要な問題を提示してくるようなサービスになるでしょう。それでも今の状況は変わらないと思います。8割が成績を上げられないで終わる。なぜなら勉強に対する意識が変わらないからです。

 

 

勉強のやり方が分からないという人へ

学校で教科書や問題集が配られて、授業もあって宿題もある。加えて学習塾も五万とある。集団塾でも個別指導塾でも選びたい放題です。にも関わらず、なぜかいまだに「どうやって勉強したらいいのか分からない」と言う人が減りません。不思議ですよね。教科書を読んで問題集を解いて丸付けをして分からないところを教師や講師に聞いて解決しながら先に進めばいいだけなのに、それが分からないのです。

 

 

これは頭が悪いとかそういう話ではなく、そもそも勉強がしたくないというだけの話です。勉強をしたくないから考えられないのです。どうやって勉強したらいいのか分からない、と言うのは「勉強のやり方」が分からないのではなく、ただ「やりたくないっす」というメッセージなのです。

 

 

個人的にはやりたくないことはしなければいいと思います。私もそうでしたし、今もそうです。したくないことはしません。したいことだけします。だから人生が穏やかです。起きてから寝るまでのほとんど全ての時間を自分がしたいことだけで埋められているので、基本的にはストレスがありません。ただ「基本的には」と言ったのは、それでもあえて高い目標を掲げて自分のレベルを上げたいとこだわってしまうため、自分を追い込んで努力を促すことをやってしまうからです。その上、理想状態の自分こそが良くて、そこに至れていない今の自分はいかんと、つい自己卑下に走ってしまいます。私の場合は自己肯定感がかなり高いので、この自己卑下が程よいスパイスになって人生にメリハリをくれているのですが、これもやり方を間違えると精神的に追い込まれてキツくなります。自己否定や自己肯定も使い方があるのです。それも熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーでは教えています。

 

 

例えばダイエットにしてもそうです。どうやったら痩せられるか分からないと言う人がいます。でもこれは「痩せ方」が分からないのではなく、本当は痩せる気がないだけです。「そんなことはない!私は本当に痩せたいんだ!」と仰る方がいるかも知れませんが、実際に痩せるための努力をされていないのなら、その言葉には信憑性がありません。キツい思いをしてまで痩せたくない、楽して痩せたいと考えるから「やり方が分からない」となる。そんなのは食事制限と運動で解決してしまう単純な問題であるはずなのに、それですら世の中の悩みの1つとして君臨し、色々なエクササイズがビジネスになるような状態です。

 

 

かく言う私も70kgを超えた段階で「これは、、、まずい」と危機感を抱き、そこから「絶対に痩せないとダメだ」と火がついて3ヶ月で61kg弱まで落としました。そこでやったのも食事制限と運動です。ただそれだけです。要するに摂取する量を減らして、運動で消費するカロリーを増やせば嫌でも痩せます。あとはどこまでのキツさを許容するかです。

 

 

要するに勉強にしてもダイエットにしても何にしても、「◯◯したい」ではなくて「絶対に◯◯する!」「自分は◯◯しないといけない!」と強く結果にこだわれるかどうかなのです。それさえあれば「やり方が分からない」なんてことには絶対なりません。明確な目的意識が持てればやり方は自分で見つけるか作るかするからです。

 

 

やる気が起きないのにどうしてやるの?

勉強にやる気が起きない子にやる気を出させようとする人は結構多いです。でも、どうしてそんなことをするんでしょうか?やりたくないことを無理やりさせようとしているってことですよね。やりたくないことをやる気を持ってやれる人なんているわけなのに、それを普通にしようとしている人が教育業界には本当に多いのです。

 

 

子どもの成績が心配だとか、勉強できないと将来困るとか、大人はそんな風に考えてしまうのですが、子どもが勉強を嫌いになる原因は大抵身近な大人のせいです。それを、原因となっているその大人たちが「どうやったらこの子はやる気になるんだろうか」と言っている。不思議ですよね。変わらないといけないのは大人の方なのに。

 

 

相手を変えるにはまず自分が変わることだ。これは有名な格言です。でも言うは易し行うは難し。実践できる人は非常に少ない。そして、人はそう簡単には変われません。でも変わり方はあります。私はその方法で自分を変えて結果を変えて人生を変えました。それも熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーで教えていることです。

 

 

私が考えているのは、やる気がないことは別にいいのだけれど、せめてやる気を出すにはどうすればいいんですか?と聞いて欲しいということです。やる気のない子に勉強をさせようとは思いません。ただ、自分は勉強したいとは思っているのだが、どうにもやる気が出なくて困っている、どうしたらいいか教えて下さい、と言う方には教えてあげられることが沢山あるよ、ということです。

 

 

やる気が起きないことをやろうとしていること自体がおかしいと気づいて欲しいし、どうせやるならちゃんとやりたいと思って欲しい。惰性が一番良くありません。大事な人生を無為に浪費してはいけない。そして、やる気が起きないことを無理やりすることを習慣化してしまえば何が起きるか。学習性無気力という状態になります。要するに思考停止状態です。何に対しても意欲が湧かなくなる。勉強をきっかけにこういう症状に陥っている子は沢山います。無理やり勉強させるからですよね。

 

 

将来にとって大切なのは勉強ではありません。考える力です。考える力を身に付ける方法は沢山あります。一番それを伸ばせるのは興味があることを追求することです。好きこそものの上手なれで、好きなこと、興味があること、関心が高いことというのは自然にその子の意識や探究心、好奇心、そして行動力を促します。自然に考え、覚え、創り、新しい何かを生み出そうとする。これが将来に必要な力なのであって、カビが生えたような将来使えもしない知識を覚えさせられる勉強なんかが将来のためになるわけがない。勉強を将来のために活用しようとするから将来のためになるのであって、ただ何も考えずに成績さえ良ければ満足だとか、とにかく勉強をちゃんとやりなさいなんて間違った教育で勉強をやったとしても、将来のためには何にもなりません。これも意識の問題です。

 

 

とにかく、勉強に困った方は一人で悩まず熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーにご相談下さい。今その悩みを解消しておけば、本当にそれだけで、人生が明るい方向に変わります。勉強は、というよりも「勉強とどう関わるか」ということはそれくらい子どもたちの将来を左右するものですから、気になられた時にすぐご相談下さい。その意味では当塾は勉強専門の病院みたいなものかも知れませんね^ ^

 

 

 

いつでもお気軽に勉強コンサルをご予約下さい

ブレイクスルー・アカデミーは「自分で勉強できるようになる」塾です。
成績の上げ方が分からない、もっと効率的な勉強法を身に付けたい、どうしても行きたい志望校がある、塾にお金をかけ続ける現状から脱したい。。。

 

そういった「今を変えたい」全ての方に、完全個別対応で短期間に「自分で勉強できる力、スキル」を身に付けていただける環境です。ただ、一人でも多くの方とお話ができればと思うのですが、残念ながら対応できる人数に限りがございます。全ての生徒さんを代表自らが直接1:1で対応するためです。

枠がとても少ないので、もし少しでもご興味あられましたら、今すぐ下記の連絡先をクリックし勉強戦略コンサルーテーションをご予約されることをお勧めします。

 

1日も早くお子様の現状改善に取り組み始めませんか?

 

メールからのお問い合わせ

勉強コンサルお申し込み

tel:0964275708
お問い合わせ