通信制高校・サポート校合同説明会(熊本日日新聞社主催)を受けてお伝えしたいこと|熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミー

こんにちは。熊本の教育&勉強攻略アドバイザー、ブレイクスルー・アカデミー代表の安東正治です。


今回のお知らせは、昨日5/17付で配布された熊日すぱいすに掲載のあったイベントで、熊本日日新聞社の主催の下6/29(土)に開催される通信制高校サポート校合同説明会のご案内と、その合同説明会を受けて是非知っておいてほしいことについてお話しさせていただきます。


この合同説明会は熊本日日新聞社が主催するイベントで、進学ナビやフリーペーパーすぱいすに出稿されている学校さんがメインとなり開催されるものです。一方で、正式には「学校」というカテゴリーではありませんが、熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーは、大学受験予備校の南城館予備校と活動を融合させていただくことで、一挙に包括的なサポートができるようになりました。つまり、サポート校ではないにしても、サポート校のそれ以上の機能を有した学習環境を提供できる準備があるということです。そのことを今回は知っていただきたく共有するものとなります。是非ご通読下さい。


通信制高校・サポート校合同説明会について

今回6月29日(土)に実施される本説明会は、下記のように

・クラーク記念国際高等学校
・ヒューマンキャンパス高等学校
・未来高等学校
・日章学園九州国際高等学校
・勇志国際高等学校
・志成館高等学校
・おおぞら高校
・飛鳥未来きずな高等学校
・神村学園高等部

がそれぞれブースを持ち、PRタイムで自校の特色を詳しく解説してくれる流れです。


個別相談会が設けられているように、通信制高校を選ぶ際にはいくつか留意すべき点があり、それを持って各ブースを回られるイメージになるかと思います。


通信制とは言え、やはり1年の間に何度かは学校の方には出向く必要がありますし、他にどんな子たちが通っているのか、どんなフォローをしてくれるのかといった、通信制ならではの留意点を各学校の情報を集めることで比較することになるのですが、それが各学校の方が一堂に会してくれるのは効率的に情報を集めるには非常に有益なイベントかと思います。


なお、南城館予備校の代表である木本先生が志成館高等学校の方にも国語の担当として教えに行かれているように、学校と塾という立場の若干の違いがあるとは言え、子どもたちの未来のために友好関係を結んでいます。


あとは、なんと言っても普通高校にはない時間的なアドバンテージが、通信制にはあります。その時間の多さと自由さを、自分でマネジメント(管理)できる方は良いのですが、自分で勉強するのが難しいなと感じる方にとっては、やはりサポート校をご利用されることが多いでしょう。そこで、自分の志望校合格のためにどのサポート校がふさわしいかをまた改めて検討する必要があるということです。


そこにあって、正式にはサポート校ではないにしても、サポート校以上の大学受験サポート機能を有するのが、我がL&S Consulting 株式会社が抱えるブレイクスルー・アカデミー with 南城館予備校です。


通信制高校のサポート校選択の1つにも!火の国きっての勉強参謀「南城館予備校」

こちらは当社代表である安東が、2023年10月29日のオンライン講演会で登壇させていただいた際の発表資料です。この時のテーマは『基礎から始める大学受験の戦略的勉強法』でしたが、大学受験には戦略がどうしても必要になってきます。特に勉強が苦手だな、どうやって勉強したらいいか分からないな、効率的な勉強がしたいな、背伸びかも知れないけど行きたい大学があるんだ、という方にとっては尚更です。


普通高校よりも通信制高校は大学受験において不利なのではないか、といった不安を感じられる方は少なくありません。特に保護者さまには拭えぬ不安があることを感じています。その不安を少しでも払拭していただきたいと思って資料に込めました。先ほども申し上げたように、通信制高校生は時間的に普通高校の生徒さんよりも圧倒的なアドバンテージがあります。ほぼ100%の時間を自分のために使えるからです。ただその「自分のために」どう使えば良いのか分からない、というお悩みが多いわけです。たっぷり時間があるからこそ、逆にその時間を持て余してしまう。ダラダラとなってはしまわないか、アルバイトやスマホなどの他の誘惑や活動に時間を割かれて、勉強を思ったように進められなくなりはしないか。確かにそうなる可能性は低くはありません。学校という強制力がないことのデメリットとも言えます。


このアドバンテージにもなりデメリットにもなる時間的なマネジメント(管理)について、どんなサポートを望むのかはお一人お一人違ってくるかと思います。その頻度や内容に応じて、どのサポート校が適しているのかをご検討いただく必要が出てくるでしょう。


進路によっては、私大対策なのか国公立対策なのか、就職支援なのかキャリア構築の支援なのか、面接対策や小論文対策、資格試験のサポートや課外活動の斡旋サポートなど、勉強だけではなく色々な体験が求められる貴重な3年間だからこそ、幅広く柔軟なサポート体制をお探しいただくことが必要です。


例えば当社の運営するブレイクスルー・アカデミーwith 南城館予備校の体制であれば、入塾された生徒さんにはまず勉強戦略コンサルティングを実施させていただき、ヒアリングをさせていただくことで今後のサポート体制の方針を明確にします。まだその時点で進路が不明瞭であっても、そのことをまずお互いに共有することが重要です。何をして欲しいのか、何をして欲しいか分からないからこそどうして欲しいのか、そういったことを何でも相談していただける場として、南城館を利用していただきたいのです。


大学受験予備校「南城館」の真価とは

当塾は大学受験予備校ではありますが、勉強ばかりではありません。生徒さん方の人生をお預かりする重要な仕事です。だからこそ、勉強「も」頼ってほしい。そのためのサポーターは文句なしの人材が揃っています。壺溪塾、代ゼミ、メディカルラボなどの大手予備校経験者、熊本県内の私立高校の非常勤をされている方など、とにかく実力派揃いです。そして授業、個別指導、自習室、個別カルテによる管理体制なども充実しています。


マネジメントや管理と言ってしまうととても堅苦しい感じもしますが、それは決して束縛のためではなく、安心して頼っていただきたいがための徹底した準備です。その環境を活かすも殺すも生徒さん次第。私たちは生徒さん方のより善い未来のために最強のサポーターでありたい。だからこそ「火の国きっての勉強参謀」と名乗っているのです。


大きく変わる教育の有り様、生成AIやロボティクス技術の進歩など、未来を模索するのが難しい時代になりました。でも5年後、10年後を生き抜く力は「今」培わなければなりません。そのためにも、我々はあらゆる情報を集め、これまでの経験則のみに頼らない幅広い見地から、可能な限りのアドバイスとサポートをし続けます。


30年以上の歴史を持ち、熊本中からベテラン講師が集い、集中できる自習室も完備し、かつ勉強戦略コンサルティングで個別最適なサポートをし続けられる熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミー with 南城館は、必ずや生徒さんのお力になれるはずです。学校でもなく、サポート校でもありませんが、それら以上の覚悟と信念、そして具体的な準備を以って、皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。


その選択を、次の輝かしい未来に繋ぐために。


ご通読ありがとうございました。


 

まずはお電話での無料相談から!

気になった方、今現在勉強で悩まれている方は、今すぐお電話下さい!代表が直接あなたの悩みにお答えします!

 

相談内容はなんでもOK。成績が上がらない、志望校があるけど諦めかけている、勉強へのやる気がわかない、勉強の仕方が分からない。きっとモヤモヤがおありかと思います。誰かに相談するだけでスッキリするかも知れません。その”誰か”が勉強のプロであれば、そこに具体的な解決策を教えてくれるかも!?当塾の代表はまさにそんな勉強のプロ!勉強戦略コンサルタントとして11年目の現役コーチです!

 

メールからのお問い合わせ

tel:0964275708
お問い合わせ