頭の良い子の条件知ってる??熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーが語る「頭の良い子になる方法」

こんにちは。熊本の勉強戦略コンサルティング指導、ブレイクスルー・アカデミー代表の安東正治です。

 

 

私事なのですが、最近「命」を考えさせられることが重なりました。同級生の死、そして愛犬の手術、また生徒さんの小論文添削の際の課題のテーマ等です。なぜこんな話をするのかというと、それらのことがきっかけである1つの真理にたどり着き、それを本気で実現しなければならないと思ったからです。その真理とは「もっと頭の良い子が増えなければならない」というものです。

 

 

頭の良い子が増えることは、その先の未来で頭の良い大人が増えることに直結します。そして、頭の良い人が増えれば増えるほど、切磋琢磨が加速的に起きて、あらゆる分野で進化速度が速まります。これがもし医療技術の分野で起これば、今救えない命が近い将来に救えるようになるかも知れません。3年後に実現するはずの新しい治療法が、1年で実現できるようになるかも知れない。助かりたい命が助かる未来を作るためには、今の子どもたちが成長してくれることが必須なのです。

 

 

そこで今回は、頭の良い子の条件とは何なのか、頭の良い子はどうしたら育つのかといったテーマでお話しさせてただこうと思います。

 

 

頭のよい子ってどんな子?

まずは定義を明確にしましょう。「頭が良い」とはどういう状態なのでしょうか。

 

 

当塾ブレイクスルー・アカデミーは、立ち上げ当初から「頭の良い子を育てる」をコンセプトにやってきました。ただ単に成績を伸ばせば良いということではなく、そこで培った能力がその子の将来そのものを押し上げてくれるように育てたいという意味です。

 

 

それこそ、勉強時間を長くしたり、作業量を今の倍にすれば、必然的に多少なりとも成績の改善は見込めるでしょう。数学の点数が50点から70点になる、英語の点数が50点から70点になる、偏差値が50から60になるといった数字の向上が皆さん望まれることなので、それさえクリアできれば良いんですという方も少なくありません。そして、そういった方々のニーズにお答えしてきたのが既存の塾でしょう。

 

 

でも私の立ち上げたブレイクスルー・アカデミーは、数字が伸びればそれで良い、という指導は一切しないと決めています。そんなことに本質的な意味はないからです。目の前の成績が表面上伸びたとしても、それは別に頭が良くなったとか、その子の能力が上がったことを意味しません。ただ、覚えている量が増えただけのことです。覚えたものは忘れてしまいます。つまり、すぐに忘れてしまうようなもののために大切な時間を無為に浪費させるような勉強だったら、うちはさせない。というのが、ブレイクスルー・アカデミーの掟に近い志なのです。

 

 

時間は人生です。「時間」と呼べば軽く聞こえますが、「人生」の一部に違いはありません。そして今の人生の使い方で将来が大きく変わります。未来の選び方が分からない子どもたちはつい時間を雑に扱ってしまうのですが、それを無自覚的にでも有効に扱えている子たちが「頭が良い」という評価をされるような行いをしていくのです。

 

 

頭の良さとは、全体から今を眺めながら、先を見据えて今の行動を考えて選べる能力のこと、と言うことができます。

 

 

頭の良さと成績の良さはどう違うのか

ここで、混同しがちな「勉強における成績の良さ」という状態との明確な違いについてお話します。

 

 

まず、学校や塾で成績が良い子のことを、ざっくり「頭が良い子」と認識している方もおられるかも知れませんが、これは誤りです。これは数学的に証明できます。

 

 

高校数学に論理を扱う分野があるのですが、そこでは以下のような話がされています。

 

 

Aという命題とBという命題がある。

 ・Aであれば必ずBである(A→Bが成り立つ)。

 ・Bであれば必ずAである(B→Aが成り立つ)。

 この2つが同時に成り立つ場合、A=B(AとBは同値である、AとBは同じ意味である)と言える。

 

 

ここで「A:頭が良い」「B:成績が良い」とすると、以下のような流れになります。

 

 

頭が良い子は必ず成績が良い(頭が良い→成績が良い)

成績が良い子は必ず頭が良い(成績が良い→頭が良い)

 

 

この2つの関係が同時に成り立てば、「頭の良さ」と「成績の良さ」はイコールであると言えるわけですが、数学的には「1つでも反例があると、その関係は成り立たない」と言う制約があるので、確実に上記の2つの関係性は成り立たないことになります。これは体験的にもお分かりいただけることと思います。

 

 

例えば成績が同じ2人の子がいたとしても、その成績を1日3時間でキープできている子と、1日8時間の勉強でなんとかキープしている子とでは、頭の良さがまるで違うということです。

 

 

また逆も然りです。頭が良い子の中には、意図して成績を狙いに行っていない子もいます。やればできるのですが、他のことに時間を使いたいという意識が明確で、それが引いては将来の自分のためになっていると確信を抱けているような場合です。

 

 

つまり、頭の良さと成績の良さには必ずしも明確な繋がりがないということになります。

 

 

頭の良い子になるために

当然、1日3時間だった勉強時間を5時間に増やせば、テストの結果は改善されるかも知れません。しかしそれは先ほども申し上げた通り、頭が良くなったわけではなく作業量や時間が伸びただけで、覚えた総量が増えただけの話です。そしてその後も1日5時間勉強することをし続けなくてはなりません。内容がどんどん難しくなることを考えれば、勉強時間は徐々に増やしていかねばならないかも知れません。

 

 

すると、確実に限界がやってきます。1日24時間しかないからです。その間に勉強ばかりやっていることも嫌なので、そのうちに燃え尽きることになるでしょう。そして、勉強をやらなくなれば一気に成績は下がりますし、それをまた取り返すためにはさらに倍以上の時間を確保せねばならなくなります。さらに言えば、どこかで疲れて成績が下がれば、それまでの努力は全て水の泡です。なぜなら「今の成績」が最も大事だからです。過去の成績など関係ありません。常に良い成績をキープし続けなければならないため、一度でも成績が落ちればそれまでの努力が全て無意味になります。

 

 

つまり、頭を良くすることなしに、成績だけをあげようとすれば、成績を上げるまでの過程も、そして上げた後も、ずーっと苦しい状態が続くということです。そしてこれは決して、頭の良い勉強のやり方とは言えません。

 

 

頭の良い子になるための第一ステップは、このことをしっかり理解することです。当塾ブレイクスルー・アカデミーでは最初にこの話をします。

 

 

「勉強のやり方を教えるのは簡単だよ。いくらでも教えてあげる。でも、それを聞いてちゃんとやるの?勉強やりたい?」

 

 

そう聞くと、大抵の子は首を横に振ることになります。勉強したくないのです。であれば、どんなに勉強のやり方を聞いたところで、知識としては覚えるかも知れないけれど、行動には落とし込まれないので、結局結果も変わらないことになります。その未来を見せて、それでももし勉強をすると言うなら、まずは勉強のことを受け入れないといけないよね?と念を押し、発想を変えなければならないことを納得してもらうのです。

 

 

こうして、徐々に「ただ勉強すれば良いわけではないのだ」と分かっていただくことで、頭の良さそのものを鍛える方向に子どもたちをエスコートすることができるようになるわけです

 

 

頭の良い子にしたいなら当塾へ!

かなりおこがましいタイトルになりますが、分かりやすく言えば、当塾の指導は頭の良さそのものを鍛える指導です。ただの知識暗記のためにあらず、勉強は将来を引き上げてくれるように取り組まねばならない、というのが当塾の教えです。

 

 

だからというわけではありませんが、発想を変えて、成績優秀者たちと同じような考え方で勉強に取り組めるようになるので、結果的には他の塾で問題演習に勤しむだけに比べて、はるかに早いスピードで結果を変えていただけるのが当塾の特徴です。もちろん、こちらで指導したことを受け入れ、実践していただけなければならないのですが、その実践に必要なのは意識だけです。右から左に聞き流すのではなく、1つ1つを頭に入れて、それを意識しながら過ごしていただく。問題演習も、ただひたすら問題を解くのではなく、成績優秀者たちと同じ発想の下で意図的に取り組む。だから伸びるのです。

 

 

もしそういった指導にご興味があられましたら、是非お気軽にお声掛け下さい。普通の塾とは異なりますので、無料体験でその違いをご体感下さい。そして、1日でも早く、勉強への意識を変えて、頭の良さそのものを育てていただけたら幸いです。

 

 

お問い合わせはこちらから>>>

 

 

 

多忙につき無料体験は現在行っておりません!

ブレイクスルー・アカデミーは「自分で勉強できるようになる」塾です。
成績の上げ方が分からない、もっと効率的な勉強法を身に付けたい、どうしても行きたい志望校がある、塾にお金をかけ続ける現状から脱したい。。。

 

そういった「今を変えたい」全ての方に、完全個別対応で短期間に「自分で勉強できる力、スキル」を身に付けていただける環境です。ただ、一人でも多くの方とお話ができればと思うのですが、残念ながら対応できる人数に限りがございます。全ての生徒さんを代表自らが直接1:1で対応するためです。

枠がとても少ないので、もし少しでもご興味あられましたら、今すぐ下記の連絡先をクリックして勉強戦略コンサルティングをご予約下さい。

 

勉強の正しいやり方をマスターすれば、お子さまの人生は確実に激変します。手遅れになる前に、是非お早めの対応をご検討下さい。

 

メールからのお問い合わせ

勉強コンサルお申し込み

tel:0964275708
お問い合わせ