考えるな。勉強しろ|熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミー

こんにちは。熊本の勉強戦略コンサルティング指導、ブレイクスルー・アカデミー代表の安東正治です。

 

 

これは実はずっと感じていたことなのですが、日頃通われている学校も、巷に点在する普通の塾も、結構全体的な風潮として「考えるな。勉強しろ。」のスタンスだなと感じます。実際それが一番楽だと思うのです。ひたすら目の前の問題を解きまくる。それで成績が上がるなら何も不都合もありません。

 

 

しかしです。勉強をするのはなぜでしょうか?それは将来のためですよね。将来安定した仕事に就きたい、選択肢の多い豊かな人生を歩みたい、だからお子さまに今勉強を頑張って欲しいとお考えのはず。

 

 

では、そういった前提で考えた時に、今の「考えるな、勉強しろ。」のスタンスのままでこの先ずっと勉強をさせてしまって本当に良いのでしょうか。特にいま、半年以上成績が伸びていないお子さまにとって、今のままのスタンスで勉強を続けて本当に将来のためになるような勉強ができていると言えるでしょうか。今回はこの点を掘り下げて行きたいと思います。

 

 

考えない子どもたちが続出中

実際問題として、当塾は子どもたちにとってかなり厳しい環境であると言えます。なぜなら「かなり頭を使わせる」からです。

 

 

「え?勉強してるんですよねぇ。それって頭使ってるんじゃないんですか?」とお思いの方もいらっしゃるかも知れません。しかし勉強というのは実際、知識を暗記すれば良い話ですか、何も考えることなくひたすら知識を頭に入れようと思って取り組めてしまうものではあるのです。

 

 

例えば数学も暗記です。問題の出題パターンに合わせた解法をセットで覚えて、それを試験中に「この問題はこのパターン。こっちの問題はこのパターン」と瞬発的に思い出すことが求められますから、実際数学も暗記科目と言えてしまいます。

 

 

また、今の成績からどうやったらもっと上の成績に上げられるか、といった観点でも、あまり考えていない方が多いのが実情です。大抵は「もっと頑張らねば」で終わりです。そうすると勉強時間を伸ばすか、勉強量を増やすなどの対処でしか成績アップを望めません。

 

 

そもそも、勉強なんてしたくないのに、何と無く必要なものなのだろうと無理して自分を納得させて、内心とは裏腹に理性で取り組む、といった頑張り方をしている方が大半を占めています。これ自体はお子さまが悪いという話ではなく、今の学校教育環境がそうなっていることが問題なのですが、学校教育環境の問題点を指摘する話はまた別の機会に譲るとして、今回の記事ではこの「考えない子どもたち」についてもっと掘り下げていこうと思います。

 

 

なぜ考えない子どもたちが増えているのか

では、次にその原因について考えてみたいと思います。なぜ考えずに勉強してしまう子がこんなにも増えてしまったのか。それは周囲の大人が「成績しか見ていない」ように、子どもたち自身が感じているからです。

 

 

成績がよければ褒められ、成績が悪ければ怒られる、注意される。それ自体は自然です。皆さんがそうされています。成績が悪い上にゲームばかりしたりスマホばかりいじっていたら、「これではダメだ」と思います。

 

 

実際、成績が良い方が偏差値の高い進学先も含めて幅広く選択でき、成績が悪いと好きな進学先を選べません。

 

 

成績が良ければ自己評価も上がるでしょう。優越感や自信も持てます。しかし一方で成績が悪いと自己評価は総じて低くなる傾向があります。

 

 

成績が良い方がイイに決まっていますし、保護者さまからすれば成績が悪いと心配になるのは至極当然です。

 

 

しかし、この「成績が悪いと心配になる」というのは、それだけ学校教育制度が人の生き方に大きく影響を及ぼすと感じている証拠だと私は考えています。

 

 

保護者さまの多くはおそらく「成績が悪いとこの子が将来困ることになる」と直感的に思われているのではないでしょうか。だから成績が悪いとそれを改善しなければと焦る。その結果、お子さまの勉強時間や勉強量を増やすために塾に通わせたりする。するとお子さまは好きなことをする時間が減る上に、好きでもない勉強をする時間が増えてストレスフルになる。

 

 

かと言って、お子さま的に「勉強なんてやりたくないんだ」と主張したところで通るわけがありませんし、「もっと好きなことをたくさんしたい」と言っても、今の成績のままではそれが通らない。つまり成績が悪いままでは自分の主張が通らないことを学んでいきます。その結果

 

 

・勉強はしたくない

・勉強をしておけば周囲はうるさく言わない

 

 

という両方を満たすために「とりあえず勉強する」という行動でつじつまを合わせようとするのだと考えられます。

 

 

勉強はしなければならないことは頭では何と無く理解できていますし、いまの成績では自分の主張が通らないことも分かっています。かと言って勉強はしたくないから工夫してもっと効率的に、と考えるほどは一生懸命になれない。それが結果的に、無思考的に問題演習に取り組む姿勢に繋がっていくのだと考えられます。

 

 

頭を使わない知識暗記を今すぐやめるべき理由

これまで勉強は大いに批判を受けてきました。それこそ今でも「こんな知識の暗記大会が社会に出て本当に役に立つのか」と不安視されているほどです。実際、受験の合否は受験時の点数だけが大きな意味を持つので、それだけの暗記量をどう積み上げてきたかのプロセスは問われません。ですから頭を使わなくても、ひたすら知識を暗記しさえすれば合格はできるのです。

 

 

問題はその先。同じ東大に行くにしても、東大生らしく優秀なキャリアを歩んで行く人がいる一方で、せっかく東大まで行ったのに人間関係が上手く築けず仕事ができないためにニートや引きこもりになってしまう人もいます。この違いは明らかに大学合格までに辿ってきた「勉強への取り組み方」が違ったために生じます。

 

 

物理的に時間を割いてひたすら勉強だけに邁進し東大に合格した人と、部活に生徒会に勉強にと色々なものを大事にしながら工夫して勉強してきた人とは、その後も大きく異なる人生になってしまうのです。

 

 

東大生でもそうなのです。ましてや、これからはAIやロボットが仕事を効率化するツールとしてどんどん現場に採用されていきますから、単なる知識暗記しかして来なかった人は真っ先に淘汰されますよね。モノを覚える能力はコンピュータの方がはるかに上だからです。

 

 

つまり、ただただ何の工夫もない無思考型の勉強は今すぐやめた方が良いと断言できます。お子さまに必要なのは学力です。テストの点数をあげる、受験に合格する、ただそれだけのための得点力を磨いても将来のためにはなりません。頭を使う練習の必要性を、是非これからの勉強で意識して下さい。

 

 

頭の使い方を知りたい方へ

とは言っても、ではどうすれば学力を磨くことができるのか。そこに当塾があります。当塾ブレイクスルー・アカデミーは他の塾に比べて正直厳しいです。それは、必然的に「頭を使ってもらう環境」だからです。

 

 

当塾は、単なる作業でしかない勉強には批判的です。意味や目的を考えることのないまま、やらされる形で仕方なく勉強しても、それは単なる「作業」にすぎません。そんな勉強ならしない方がマシだと考えているので、そういう勉強で良いという方は他の塾をお勧めしています。

 

 

今まで聞いたこともないことを話したり、今まで聞かれたことのないことを質問したりするので、生徒さんの中には「初めてそんなこと聞かれました」とおっしゃる方もいるくらいです。しかし、それを今まで考えたことがなかったこと自体が実は問題なのです。

 

 

勉強をしているのに「勉強ってそもそも何?」と聞かれて答えられないというのは、明らかに取り組み方が間違っています。自分がやっていることが何なのか、いまの努力の仕方でどんな結果を出そうとしているのか、その結果は本当に今の努力で出る可能性はあるのか、出るにしてもどのくらいの時間が掛かるのか。もっと色々考えますが、とにかく子どもたちにはギャンブルのような勉強はさせたくありません。努力したらその分だけ結果が出る真っ当な勉強をして欲しいのです。そのためのアドバイスをします。

 

 

ですが、正直キツイです。そんなこと考えたこともなかった、というようなことをしょっちゅう体験するので、こんなに頭を使わされるなら何も考えずに勉強している方が楽だなと感じてしまうくらいです。問題はどっちを選ぶかです。結論は言わずもがな。

 

 

もしお子さまにとって、しっかり頭を使う環境をとお考えであれば、当塾ブレイクスルー・アカデミーは確実にお役に立てる環境です。もちろん無料体験を受けられて「やっぱりキツそうだから無理」でも全く構いません。でも一度お話しをさせていただく方が確実に得るものはあられると信じています。

 

 

気になられた際にはお気軽にお声掛け下さい。保護者さまのみの無料体験でも勿論可能です。お待ちしております。

 

 

お問い合わせはこちらから>>>

 

 

 

多忙につき無料体験は現在行っておりません!

ブレイクスルー・アカデミーは「自分で勉強できるようになる」塾です。
成績の上げ方が分からない、もっと効率的な勉強法を身に付けたい、どうしても行きたい志望校がある、塾にお金をかけ続ける現状から脱したい。。。

 

そういった「今を変えたい」全ての方に、完全個別対応で短期間に「自分で勉強できる力、スキル」を身に付けていただける環境です。ただ、一人でも多くの方とお話ができればと思うのですが、残念ながら対応できる人数に限りがございます。全ての生徒さんを代表自らが直接1:1で対応するためです。

枠がとても少ないので、もし少しでもご興味あられましたら、今すぐ下記の連絡先をクリックして勉強戦略コンサルティングをご予約下さい。

 

勉強の正しいやり方をマスターすれば、お子さまの人生は確実に激変します。手遅れになる前に、是非お早めの対応をご検討下さい。

 

メールからのお問い合わせ

勉強コンサルお申し込み

tel:0964275708
お問い合わせ