熊本 塾|勉強そっちのけで映画観てきた話と『スパイダーマン / ファー・フロム・ホーム』 の裏側

こんにちは。熊本の勉強戦略コンサルティング指導塾、ブレイクスルー・アカデミー代表の安東正治です。

 

 

本日6月28日(金)はMCU(MARVEL CINEMATIC UNIVERSE マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画最新作『スパイダーマン / ファー・フロム・ホーム』の公開日でした。早速朝イチで鑑賞してきたのですが、ここで私の中で、あるモヤモヤが。

 

 

そこで今日は勉強そっちのけで、映画に関する話を本気モードでさせていただきたいと思います。むしろ勉強力というのは、こういうところで真価を発揮するものかも知れません。

 

 

※ちょいネタバレあり『スパイダーマン / ファー・フロム・ホーム』

さて、今日観てきたのは私の大好きなマーベル作品であるMCU映画最新作でした。当然前々からこの日はスタンバイされておりましたので、雨だろうが何だろうか関係なく突っ込みました。にしても平日の午前中ですよ?と疑うくらいの混みよう。皆んな考えることは同じです。

 

 

MCUとは先ほど申し上げたようにMARVEL CINEMATIC UNIVERSE(マーベル・シネマティック・ユニバース)のことです。マーベル作品の映画の世界を総称してこう呼びます。本作はその世界観からすると23作品目ということになります。『アイアンマン』シリーズや『ドクター・ストレンジ』、『アベンジャーズ』シリーズの全てがMCU作品です。

 

 

先日4月26日には『アベンジャーズ / エンドゲーム』が公開されましたが、あれがあまりに大作すぎたので、本作はかなり立場的にドキドキでした。否応無くMCUファンの大きな期待を全力で背負うことになるからです。それもそのはずで、実は本作はその『エンドゲーム』を終えて初のMCU作品であり、新たなフェーズの始まりのような立ち位置だったからです。

 

 

師であるアイアンマンことトニー・スタークを失い、その後継者として期待されるスパイダーマンことピーター・パーカー。まだ16歳の青年が、世界最高のヒーローの後継者として全世界から期待される重圧は、それはもう半端ありません。そして同じように、その役を演じることを引き受けたピーター・パーカー役の23歳トム・ホランドも、プレッシャーは相当なものだったでしょう。

 

 

故郷ニューヨークを離れて(原題 far from homeは「家から遠く離れて」の意味)ヨーロッパで繰り広げられる新たな敵との戦いは正にアベンジャーズ級。迫力も試練も恋もユーモアも上手く融合された、かなり見ごたえのある、そしてとても考えさせられる映画だったと感じました。

 

 

『スパイダーマン / ファー・フロム・ホーム』の裏側

さて、こうして期待以上の作品に大いに満足して帰ってきた私でしたが、1つだけモヤモヤしたことがありました。それは「SONY」のロゴがあって「ディズニー」のロゴがなかったこと。

 

 

今回の作品はソニー・ピクチャーズがマーベル・スタジオと共同制作の形で築いた作品ですが、マーベル・エンターテインメントは2009年にウォルト・ディズニー・カンパニーに買収されており、かつマーベル・スタジオはじめマーベル・コミック、マーベル・アニメーション、マーベル・テレビジョンはそのマーベル・エンターテインメントの子会社ですから、ディズニー配給となっているはずではなかったか?というモヤモヤが残ったのです。

 

 

実は『スパイダーマン』作品はかなり複雑で、2002年から今までで主演陣が3回も変わっています。最初の3部作については大ヒットしたもの、リブートされた次の2部作は鳴かず飛ばず。そこに、今作のようなトム・ホランドを起用したリブート作品をMCUに参画させることを前提に制作することになったというわけです。

 

 

ソニー・ピクチャーズが『スパイダーマン』の映画化権を購入したのは、当時マーベル作品の中でトップスターだったから。他の作品は”スパイダーマンに次ぐ2軍”という扱いで、それこそ『アイアンマン』『ソー』『アントマン』『ブラックパンサー』など様々なキャラクターの映画化権をまとめて2500万ドルで!というマーベル側の提案も蹴り、「他は要らないからスパイダーマンだけよこせ!」と、『スパイダーマン』の映画化権のみを1000万ドルで購入したほどの思い入れ。当時のマーベル・コミックは1997年に一度倒産してしまうほど追い込まれており、新生マーベル・エンターテインメントとして生まれ変わった矢先の勝負だったようです。

 

 

ソニーは勿論日本本社の会社ですから、本作『スパイダーマン / ファー・フロム・ホーム』は日本が世界最速の公開ということになりましたが、こういった複雑な立場にある『スパイダーマン』も、実はマーベルとの契約が本作で切れるのではないかという噂があります。つまりMCUにせっかく合流を果たしたスパイダーマンが、再びMCUから姿を消すかも知れないというのです。そして本作は、先ほどは『エンドゲーム』明けの一発目の作品でこれからの新章の始まり、みたいな言い方をしてしまいましたが、実は2016年公開の映画『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』から始まるフェーズ3の閉めの作品と言われています。つまり、ここで何かが”切れる”わけです。

実際には『スパイダーマン / ファー・フロム・ホーム』プロヂューサーであるエイミー・パスカル氏は、マーベル・スタジオとの関係継続を熱望していると言います。流石にこのタイミングでMCU離脱は酷すぎますよね、ストーリー的にも。でも当の本人が2017年3月に契約解除を示唆するような発言をしている上に、リスクヘッジもあるのか、『スパイダーマン』をクロスオーバーさせるソニー製ユニバースへの作品投下も進めています。その最初の作品が2018年に公開された『ヴェノム』です。

 

 

一方で、マーベル・スタジオ側も、スパイダーマン役のトム・ホランドも、本作を含め、前作からの作品は3部作であることは構想としてあると明かしてきただけに、本当に本作で両者の契約が切れるとなると、なんだか寂しいし、大人の事情すぎて複雑な気持ちです。

 

 

 

『スパイダーマン / ファー・フロム・ホーム』とお金の話

さて、先ほどのソニーとマーベルとの契約云々をお金の話を交えてお話ししてきました。ソニー・ピクチャーズが『スパイダーマン』の映画化権を1000万ドルで買ったとか。そこで併せて、これらの契約や映画の興行収入に関して面白いデータがあるので余談としてお話しします。

 

 

まずソニーはその1000万ドルで買った『スパイダーマン』の映画化でどのくらい儲けたのか。これは最初に制作したトビー・マグワイヤー主演の3部作の興行収入はトータルで25億ドルと言われています。1000万ドルが25億ドル!鳴かず飛ばずに終わったとは言え、それに続く2部作もあるので、もっとでしょう。

 

 

ちなみにそのスパイダーマンのキャラクター使用権を有する本来の親のマーベル・エンターテインメントをウォルト・ディズニー・カンパニーが買収したときの金額は約40億ドル。これが2009年のことですが、どれだけディズニーが凄まじいかが分かります。

 

 

ちなみに同じくマーベルのキャラクターの映画化権を有する21世紀フォックスも2019年今年に713億ドルで買収されています。713億ドル!勿論マーベルのキャラクターだけが目的ではなく、むしろ21世紀フォックスの持つストリーミングサービスやその技術などを取り込むこと。ちなみに2017年にアメリカのディズニーワールドのアニマル・キングダムに建設された新エリア『パンドラ~ワールド・オブ・アバター』の世界は映画『アバター』のものであり、その『アバター』も、そして最近公開され話題を呼んだ『ボヘミアン・ラプソディー』の制作・配給を手掛けたのも21世紀フォックスです。

 

 

この金額だけでも凄いのに、それこそソニーが蹴ったキャラクターたちが映画を通して叩き出した興行収入の額は135億ドル。そして、映画史上最強とも私が勝手に評する『アベンジャーズ / エンドゲーム』は、全世界興行収入2500億ドルを突破!ソニーの成功した『スパイダーマン』3部作トータルの100倍(汗)もう、とんでもない数字です。

 

 

今や映画界の帝王となったウォルト・ディズニー・カンパニー。そしてその傘下のマーベル・エンターテインメント 。揺れ動く『スパイダーマン』の今後。『スパイダーマン / ファー・フロム・ホーム』がイイ作品だっただけに、モヤモヤした私の気持ちが少しでも伝わったならば嬉しいです。何事も本気でなければ面白くない。

 

 

お問い合わせはこちらから>>>

 

 

 

まずはお気軽に無料体験をご予約下さい

ブレイクスルー・アカデミーは「自分で勉強できるようになる」塾です。
成績の上げ方が分からない、もっと効率的な勉強法を身に付けたい、どうしても行きたい志望校がある、塾にお金をかけ続ける現状から脱したい。。。

 

そういった「今を変えたい」全ての方に、完全個別対応で短期間に「自勉力」を身に付けていただける環境です。ただ、一人でも多くの方とお話ができればと思うのですが、残念ながら対応できる人数に限りがございます。全ての生徒さんを代表自らが直接1:1で対応するためです。

 

枠がとても少ないので、もし少しでもご興味あられましたら、今すぐ下記の連絡先をクリックし無料体験をご予約されることをお勧めします。

 

最終的なご判断はお話をさせていただいてからでも遅くはありません。
まずは枠の確保をお願い致します。
1日も早くお子様の現状改善に取り組み始めませんか?

 

メールからのお問い合わせ

無料体験学習お申し込み

tel:0964275708
お問い合わせ