【受験合格】熊大附属中で劣等生だったのに熊本高校に合格できた理由|熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミー

こんにちは。熊本の教育&勉強攻略アドバイザー、ブレイクスルー・アカデミー代表の安東正治です。

 

 

今回ご紹介するのは私のリアルな体験談です。実際に高校受験の時に実践した勉強法(というか戦略)なのですが、確実に合格への最短ルートだったと思います。これをやらなかったら私は熊本高校に受験合格できなかったでしょうし、そうであれば私は今とは全く違った人生になっていたと思います。それくらい受験の合格不合格は人生上大きなターニングポイントなのです。

 

 

今回は私が当時熊本大学教育学部附属中学校の劣等生だった状態から、無事に1年で成績を挽回して熊本高校に合格できた話をしていきたいと思います。是非最後までお付き合い下さい。

 

 

【お知らせ】

▼熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーのYoutubeチャンネルです↓↓↓是非ご登録お願いします

▼こちらは一般向けに用意した新しいチャンネルで、あらゆる本を読んでその要点を解説したり、私の選んだテーマをまとめて自分で勉強、研究し、解説した動画をあげています。

熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーのYoutubeチャンネル[一般向け教養チャンネル]です↓↓↓是非ご登録お願いします

 

受験合格するためにあることを放棄した

正直に申し上げれば、今回の話に登場する「私があることを放棄したよ」という話は結果論とも言えます。ただし、当時の私には確信があった。こうしないと受験合格できない、ということは明確に認識できていました。だから何の躊躇もなく実行に移せたのです。

 

 

現実的にはこの「あることの放棄」を再現できる方は多くないとは思います。なぜなら私とは事情が違いますし、人生上の優先順位も違うからです。私にとっては放棄できてしまえるものだったけれど、中にはその優先順位が高くてとても捨てきれないかも知れません。ですから参考程度に話を聞いていただけたらと思います。

 

 

ちなみに、私が当時放棄したものは3つあります。「部活」「学校の成績」「塾に行くこと」です。

 

 

これらは通常捨てにくいものではないでしょうか。部活は最上級生になれば一番重要な時期となりますし、学校の成績を無視することなどできないでしょう。そして成績に不安があれば塾に行こうと思うのは自然な発想です。でも私はそれらの全てを否定します。合格したいなら全て捨てなさい。

 

 

これはどうしても優先順位の問題です。私は中学時代劣等生だったので、捨てざるを得なかったとも言えます。そうしないと合格できなかった。逆に言うと、それくらい熊本高校合格は譲れなかったのです。どうしても合格したかった。だからその最優先課題をクリアするために他のものを捨てなければならなかったということです。

 

 

おそらく「部活」を放棄せよ、という話は分かりやすいと思います。物理的に時間を圧迫する要因がこれだからです。ただし精神的なバランスを崩すリスクはあります。その部活が人生上大事なもので、それを辞めてしまう方がかえって勉強に打ち込めない人もいるのです。

 

 

ただ、ハッキリ言います。私はこう言って不合格になっていった生徒さんを沢山見てきました。そして、その度に思います。何でこの重要な、それもたった1年間なのに、「部活をやらないこと」ができなかったのかと。そんなに部活大事ですか?受験での合格より?私には分かりません。部活よりも受験の合格の方がはるかに人生を左右します。部活は思い出には残りますが、それだけです。でも受験の結果は人生に一生ついてまわる。

 

 

「どうしても合格したいんです!」と言う割りには、その同じ口で「部活は辞められません」と言う。絶対嘘でしょって思うんです(苦笑)合格よりも目の前の楽しさや遣り甲斐を取りたい。でもその気持ちも尊重してあげたい。ただし、合格は遠ざかる。難しいところです。

 

 

熊大附属中で80位。なのに熊本高校合格!?

私の成績は当時144人1学年いる中で、100位以下が通常でした。最後のテスト、中3の最後の学校のテストの結果は学年で80位。一方で、学校で言われていたのは、熊本高校に合格したいのなら30位以内に入っておきましょう、というものです。おかしいですよね。私は全然その水準に届いていない。なぜ合格したのでしょうか。

 

 

まず核心を言うと、受験合格に学校の成績はほとんど関係ありません。もっと具体的に言うと、相関関係はあるけど因果関係はないということです。

 

 

相関関係というのは、中学校での成績が良い人ほど、偏差値の高い高校に受かりやすい、という関係のことです。しかし、この関係を理解する上で最も重要な視点は、これが「因果関係ではない」ということです。

 

 

因果関係とは、中学校での成績が良い人が、偏差値の高い高校に受かる、という関係です。つまり受験合格の条件が学校の成績であるということです。学校の成績が悪い人は、どんなに受験当日の点数が良くてもダメだという関係性だということです。でも現実はそうではありませんよね。ここが肝です。

 

 

私は熊大附属中で最後まで80位止まりでした。でも受験当日の入試では250点満点中235点を取って無事に合格しました。これが現実です。学校の成績が入試の結果と因果関係にあれば、私は当然不合格です。でもそうじゃない。

 

 

私は学校の成績を放棄しました。学校の勉強までしている余裕がなかったからです。私が欲しかったのは受験での合格であって、学校の成績を上げることではありませんでした。だから自分の時間と力を全て、受験合格に傾けて注いだのです。

 

 

嫌な言い方をすれば、必死に学校の成績を上げようと努力して、私よりも常に成績が良かった同級生は熊本高校に落ちてしまいました。力を入れるところを間違ってしまったのです。

 

 

ですから、本当に合格したのであれば、学校の成績は放棄しても良いということなのです。ただ、その判断をするのは難しいでしょう。学校の成績が悪いというのは不安材料だからです。それに、学校の成績が良くないと合格できないと思い込んでいる人も多い。

 

 

塾に行かず完全独学で熊本高校合格

不安になるとどうするかと言うと、大抵の人が塾に行くと思います。特にブランド塾が人気ですよね。熊本でいえば早稲田スクールや英進館、個別が好みであれば明光義塾などがパッと頭に浮かびます。そう、人は不安になると何かにすがりたくなるものです。

 

 

嫌な言い方をしてすみません。でも本気で合格を狙うのであれば、その判断が本当に最善かをしっかり考えていただきたいのです。私は当時「そんな事をしている暇はない」と考えて塾を拒みました。自分でやることでしか間にあわせることはできないと分かっていたからです。そう、塾は合格への道のりの遠回りなのです。

 

 

なぜ!?塾に行って頑張らないとかえって間に合わないのでは!?と思うでしょうか。残念ながらその発想は間違っています。塾で成績を伸ばし、無事に合格を勝ち取ってその塾の看板となっていく生徒さんは、元々優秀な子達です。劣等生の状態から塾で成績を伸ばして下克上を成す子はほとんどいません。学校の成績分布がそのまま塾での成績分布になっているはずです。

 

 

つまり、何も変わっていない。学校での競争状況が塾で再現されているだけなのです。

 

 

このことに気付かないと、塾がどういうものかを早く認識しないと、時間とお金を投資して合格に遠回りをさせられる羽目になります。これは本当の話です。

 

 

ですから私は塾に行くことを放棄しました。自分で勉強すると言ったのです。それが最速で現状打破する方法です。

 

 

なぜなら自分がやるべきことは自分が一番詳しく把握できるはずだからです。塾は多くの生徒に発信される情報を自分のために転化できたり、必要な情報を抽出できる能力があれば活きるのですが、ただ受信するしかできない子にとってはかなり無駄な情報が多いのが常です。自分にとってレベルが合わない、知りたい情報が理解できる形で発信されていない、そういうことが多々あります。その上競争を否応なく面前で意識させられるので、立ち止まることすらはばかられます。

 

 

行き詰まったらまずは立ち止まって軌道修正する、という当たり前の受験戦略が、「立ち止まったら置いて行かれる」という不安意識によって思考停止し見えなくなる。そしてひたすら頑張るしかなくなる。その結果、結局最後まで穴を埋められずに成績が伸び悩み不合格になるのです。

 

 

受験合格したいのなら、真剣に自分に必要なものを取捨選択しなければなりません。時間は有限、やれることも限られてくる、なんでもかんでもやっている暇はありません。

 

 

もし本気で来年の受験合格を狙いたいなら、そのために必要なことを早い段階で知って下さい。1日も早く知っておくことが重要です。合格したい方は、今できることをやって備えましょう。そのためにお役に立てることがあればブレイクスルー・アカデミーにご相談下さい。

 

 

多忙につき無料体験は現在行っておりません!

ブレイクスルー・アカデミーは「自分で勉強できるようになる」塾です。
成績の上げ方が分からない、もっと効率的な勉強法を身に付けたい、どうしても行きたい志望校がある、塾にお金をかけ続ける現状から脱したい。。。

 

そういった「今を変えたい」全ての方に、完全個別対応で短期間に「自分で勉強できる力、スキル」を身に付けていただける環境です。ただ、一人でも多くの方とお話ができればと思うのですが、残念ながら対応できる人数に限りがございます。全ての生徒さんを代表自らが直接1:1で対応するためです。

枠がとても少ないので、もし少しでもご興味あられましたら、今すぐ下記の連絡先をクリックして勉強戦略コンサルティングをご予約下さい。

 

勉強の正しいやり方をマスターすれば、お子さまの人生は確実に激変します。手遅れになる前に、是非お早めの対応をご検討下さい。

 

メールからのお問い合わせ

勉強コンサルお申し込み

tel:0964275708
お問い合わせ