【成績アップの教科書】ブレイクスルー・アカデミー史上初のテキスト作成&販売のお知らせ

こんにちは。熊本の教育&勉強攻略アドバイザー、ブレイクスルー・アカデミー代表の安東正治です。

 

 

今回はみなさんにお知らせがあります。大学時代に起業してから早くも10年が経った当社L&S Consulting 株式会社は、当社が運営するブレイクスルー・アカデミーのこの10年間のエッセンスを余すところなく濃厚に凝縮させた成績アップテキスト(教科書)『JAILBREAK -アフターコロナの世界は自分で勉強できる者だけが生き残る-』シリーズを作成し、販売することにしました。まずは全9冊(予定)として、1冊ずつ作成し、時期をずらして販売していきます。

 

 

形式はPDFファイル(MacのPagesで作成した文書をPDFデータに変換して作成)とし、データとして販売します。基本的にはこちらのHP上で販売し、お振込での購入にも対応致します。その場合も電子書籍を所定のメールアドレスにお送りする形で対応させていただきます。

 

 

内容はまだ変わる可能性が多分にありますが、主に以下のような内容にする予定です。なお、内容やタイトルは予告なく変更になることはありますが、これ以上になることはあってもこれ以下にクオリティが下がることは決してありません。それくらい本気で作ります。

 

 

★『JAILBREAK -アフターコロナの世界は自分で勉強できる者だけが生き残る-』シリーズ★

①【概要編】自分で勉強して世界一堅実に120点伸ばせる無敵のテスト&受験対策モデル

②【やる気編】やる気の正体 -あなたの勉強意欲と本当の力を引き出す脳と心の勉強科学-

③【集中力編】90%が誤解している!? できる成績優秀者たちは「集中力」を使わない!

④【目標編】「第一志望校合格!」狙った結果を引き寄せるための目標設定の絶対原則

⑤【戦略編】正統派異端系教育者が学生時代に実際に使った「ズルいけど超王道の最短受験戦略」とは

⑥【心理学編】ストレス知らずの学年トップ層が使う「テスト対策秘密の流儀」

⑦【勉強法編】勉強効率が魔術的に飛躍するかなり賢い勉強のやり方

⑧【医学部受験編】どうしても医学部に行きたい人のための「強烈!マインドアップ講座」

⑨【番外編】知らない方が良かった「学校教育の真実」※注意)知ったらきっと後悔します

 

 

ではなぜこの時期に私がテキスト(教科書)を本気で作ろうと思うようになったのか。そしてその内容が一体どんなものになるのか。その大まかな部分を今回ご紹介したいと思います。

 

 

【お知らせ】

▼熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーのYoutubeチャンネルです↓↓↓是非ご登録お願いします

▼こちらは一般向けに用意した新しいチャンネルで、あらゆる本を読んでその要点を解説したり、私の選んだテーマをまとめて自分で勉強、研究し、解説した動画をあげています。

熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーのYoutubeチャンネル[一般向け教養チャンネル]です↓↓↓是非ご登録お願いします

 

自分で勉強できる者だけが生き残れるアフターコロナの世界

今回のテキストは主に高校生およびその保護者さまに向けて書いています。内容は中学生でも全然役に立つことばかりなんですが、中学生の方の場合は特に保護者の方に読んでいただかないと、おそらく難しく感じるんじゃないかなと思っているんです。私が本気で書くとちょっと説教くさくもなるしですね^ ^;

 

 

さて、このテキストで私が中高生の皆さんに提供するのは、ズバリ「自分で勉強できるようになるスキル」です。

 

 

私はこの10年間ずっと「自分で勉強した方が絶対効率的だ」と訴えてきました。学校でも塾でも結局無駄なことをたくさんさせられます。文部科学省が指定する学校のカリキュラムでは余計な時間が掛かるし(学校は自分でやれば2,3ヶ月で終わることを1年に引き延ばして教えています)、学習塾に年間何十万払って通っても、やらされることが問題解きまくるだけだったら、そんなことは自分でやってその分のお金は自分の好きなもののために使った方が絶対人生有意義だって話です。

 

 

であれば、学校や学習塾に依存することなく、どんな状況下でも自分の頭で考えて100%自分のために時間を使って生きていけるようになっていただく方がはるかにイイ。今回このテキストで習得していただくスキルはそういうスキルです。

 

 

勉強は能力の問題ではなくやり方の問題ですから、その正しい勉強のやり方を習得できれば結果は変えられる、というのは皆さんがご存知の通りですが、その「正しい勉強のやり方」というのをテクニックの部分だけ切り取って教えている方がほとんどなんです。ここはこう覚えよう、語呂合わせを使おう、ここはこうやって解こう、便利な公式はこれです、など。でもそれじゃあそれを再現できるかどうかのところで結局フィルタリングされてしまう。「便利な方法を知っている」のと「それを使うことができる」のとは違います。知っていることをできなくては結果が変わらないのです。でも大抵はやり方を聞いて「わーすごい」「これならできそう!」で終わりです。やってみようと思っても結局できない。なぜかできない。私は意味がないことはしたくない性格なので、成績を上げるためとか受験に合格するためだけにしか役に立たない(大人になってからは何の役にも立たない)テクニック的な方法は一切教えていませんし、結局再現できないことも教えたくありません。教えるなら再現できるように「コア(核)」の部分もセットで教えます。というか、そのコアの部分がなければ教えられたことを行動に落とし込めないんです。そもそも教えたことを生徒さんが再現できなければ話にならないので、その「再現性」にかなり重きを置いて教えてきました。

 

 

そういった意味で言えば、私が教えているのは「問題解決能力」なのです。何か問題が生じた時に自身で考え行動し乗り越えていく力のこと。状況が変わっても、それこそ学校が止まろうが学習塾が止まろうが自分で考えて必要な勉強を自分でやってクリアしていく力です。それがあれば正直中高生時代は最強です。そしてそれができるだけの環境がもう今手元に揃ってしまっている。私の現役時代にはなかったスマホやYoutubeといった超絶便利な道具がほぼ無料で使い放題なのです。これで自分で勉強できないわけがない。あとは「どうやって独学精度を上げるか」と「どうしたらハイパフォーマンスを継続的に出し続けられるか」が問題となります。だから今回のテキスト(教科書)に「やる気」や「集中力」に関する内容を別冊にして完全に理解していただこうと思ったのです。

 

 

それこそ、コロナパンデミックで学校や授業、学習塾までもが不安定な状態となり、なかなか勉強がスムーズにはかどらなかった人も多いはずです。それが今後コロナパンデミックの第二波への懸念や地震のリスク(6/19にはニュージーランドでM7.4の地震が起き、向こう1ヶ月は日本も連動して地震が起こる可能性があるため警戒して下さいと警告がなされています)、米中や朝鮮半島の緊張状態から危険視される戦争の可能性まで、今後も数年スパンで社会が落ち着かない状態になると考えられます。その都度学校や学習塾が止まり授業が止まる度に「これじゃあ勉強できないよー」なんて言っていたら、子どもたちはあらゆる不安を抱えたまま成長していってしまうでしょう。授業は止まっても、子どもたちの成長や時間は止められませんから、問題を先送りしていくだけです。子どもたちの人生が足止めされるだけなんです。

 

 

すると、もうこういう状況であれば、自分で勉強できるようにならないと流石に困るわ!って話になる。当塾ブレイクスルー・アカデミーでは10年前からこの「自分で勉強できるようになる方法」の指導を行ってきました。それを熊本県内だけのリアル対面指導に限った形で提供している状況も勿体無い、これは知りたい人皆に届けるべきだと判断しました。

 

 

それに、今回コロナによるパンデミックが明らかにしたのは、このままいけば確実に、これまでとは比にならないくらいの絶望的な学力格差時代がやってくるということ。この格差の上にいるのか下にいるのかで、子どもたちは大いに影響を受けてしまうでしょうし、それは人生の進路を左右してしまいかねないものだと思われます。それくらい「勉強」というのは子どもたち、中高生にとって大きな人生上のファクターなのです。

 

 

世界から学力格差をなくす!中高生よ、覚悟を決めろ!

学力格差が確実に生じてくると明言できる理由はAIの浸透にあります。AIによって勉強効率が飛躍的に向上させられるようになってくると、それを使う人と使わない人との間で格差が生じます。そのAIツールによる格差は、これまでのネットやツールの便利さの比ではありません。なんせAIが膨大なデータを分析にかけてお子様個人に次に必要となるであろうステップを知らせてくれるからです。これまでは自分で、もしくはそれを学習塾に肩代わりしてもらう形で進めていた一番面倒臭いステップを、人間よりもはるかに情報処理能力の優れたAIがやってくれるわけですから、楽だし安いし早いわけです。

 

 

でも一方で、このAIによって頭が悪くなっていくスピードも加速することになります。なぜか。それは自分の頭を使わなくなるからです。様々な負担をAIに委ねてしまえば、AIに出してもらった課題を機械的にこなしていくだけの勉強になります。それは確かに楽です。でも、それでは子どもたちが頭を使わなくなる。本質的には今までのように「言われたことをただやるだけ」という状況は変わりませんが、それがタブレット端末に実装されて常に勉強がそういう状態でできるようになればなるほど、自分の頭で分析をしたり、取捨選択をしたりする作業が圧倒的に減ります。本来であればそういう頭の使い方を通して「学力」は磨かれていくものですが、それがAIによって奪われて行くことにもなるのです。

 

 

AIは正直。諸刃の剣です。本当に考えて使わないと、気づいたらAIに使われる人間になってしまいます。そういった意味でも、学力の格差が広がると考えられるわけです。勉強は本来物を覚える、暗記することが目的ではなく、20年後30年後の将来に必要な力を培うためにやるものなんですが、AIを間違って使うと、知識の暗記効率は格段に上げられる一方で、将来に必要な力は全く伸ばせていない状況になり得るわけですから、学力格差は実は見えないところで進行し、それに気付けるのは社会に出る直前である可能性が高いのです。そして気付いた時にはすでに詰んでいる。

 

 

つまり、世の中が進歩し便利になればなるほど、かくも逆説的に、人間には考える力が求められるようになります。そしてそれを放棄した者と自らの努力で磨き続けた者との間で学力格差が生じる。将来的にどこかの企業に就職していくことを考えているのであれば、企業は正に自分の頭で考え、AIを使いこなせる人材を欲しがるわけですから、なおのこと考える力を養っておく必要があります。AIによって勉強の効率化はできたけれど、全く自分の頭で考える習慣がないという状態で3年も6年も過ごせば(大学3年生の時までそれが続けば約10年!)、そこに絶望的な学力格差が生じても不思議ではありませんよね。でも今のままではそうなりそうで本当に怖いんです。

 

 

だから私はその学力格差をなくしたい。できれば日本の中だけではなく世界的に根絶していきたいと考えているのです。

 

 

「JAILBREAK ジェイルブレイク」の意味するものとは

そもそもこのワード「JAILBREAKジェイルブレイク」とは、iPhoneやiPodなどの端末で使用されているiOSにセキュリティ上(そしてビジネス上)かけられている制限(ロック)を解除して、好きなアプリを使えるようすることを指す「脱獄」という意味の言葉です。その意味でのジェイルブレイクで最も有名なハッカーと言えばカリスマハッカーのジョージ・ホッツ。

 

 

彼の詳細についてはテキストの方に委ねるとして今回は割愛しますが、彼のやらかした実績は正に神レベルです。その才能ゆえにFacebook、Googleを渡り歩き、最終的には先日人類史上初の民間ロケットでの有人飛行に成功したスペースX社のCEOイーロン・マスクからのオファーを蹴って自社を立ち上げるほどの強者です。

 

 

さて、話を戻すと、このジェイルブレイクと似た言葉に「PRIZONBREAKプリズンブレイク」というのがあります。2005年から2009年までFOXで製作されたサスペンスドラマでこの言葉を知っている方も多いかと思いますが、こちらも同じように「脱獄」という意味になります。ただ、ニュアンスが随分違うんです。

 

 

プリズンだと、牢獄や刑務所といった物理的な空間を連想すると思うんですが、これだと確かに学校や学習塾からの解放をイメージしている私からすれば当たらずとも遠からずなんですが、、、実際のところ表現したいことはそこじゃないというか。学校や学習塾に依存しないで欲しい、自分で勉強できる力を身に付ければ自由になれるよねっていうメンタル的な話なので、どちらかと言えば閉鎖的な学校や学習塾という「環境」からの脱獄ではなく、学校教育や学習塾の持つシステムや在り方からの脱却(学校をやめるわけにもいかないでしょうし、学習塾も便利なツールだから使えた方が得です)。ただし子どもたちの多くがそれらに依存し、制約され、ストレスフルになって人生の最も重要な時期を無為に時間を浪費するだけになっている現状は明らかに勿体無い。そこを解消したいわけです。だからプリズンではなく、発想力で今の状況を切り抜けるニュアンスで「ジェイル」を選びました。

 

 

そしてこのテキストの内容全てが習得された頃には、勉強とは何かということが明確に理解でき、自分が何をどうすれば欲しい結果を引き寄せることができるのかも分かります。あんなに嫌いだった勉強もそこまで気にならなくなります。淡々と取り組めるようになれば、思考もクリアになるので、あとは「こうすればイイよね」っていうことを着実に行動に移していくだけです。

 

 

そうやって、勉強はしなければならない、けど勉強したくない、でもやらないと周囲がうるさい、でもやっても全然分からないし覚えられない、あーーー、、、、という悪循環から這い出して(ジェイルブレイクして)、適切な努力で将来を切り拓いていくことができるようになる、そんなスキルをこの9冊の教科書で是非手にしていただきたいと思います。

 

 

当塾は本気の方しか相手にしたくないという思いから、コンサルティング・フィーも少し高めに設定してあります。無料体験も一切やめました。でも、実際そこまで支払うことはできないけれど、当塾の考え方や指導に興味がある、と思って下さっている方は少ないと感じています。そんな方々にも当塾ブレイクスルー・アカデミーのエッセンスをお伝えできるツールとして、今回のテキスト(教科書)を作った流れです。このテキスト(教科書)が一人でも多く方のジェイルブレイクを実現できることを祈っています。

 

 

 

多忙につき無料体験は現在行っておりません!

ブレイクスルー・アカデミーは「自分で勉強できるようになる」塾です。
成績の上げ方が分からない、もっと効率的な勉強法を身に付けたい、どうしても行きたい志望校がある、塾にお金をかけ続ける現状から脱したい。。。

 

そういった「今を変えたい」全ての方に、完全個別対応で短期間に「自分で勉強できる力、スキル」を身に付けていただける環境です。ただ、一人でも多くの方とお話ができればと思うのですが、残念ながら対応できる人数に限りがございます。全ての生徒さんを代表自らが直接1:1で対応するためです。

枠がとても少ないので、もし少しでもご興味あられましたら、今すぐ下記の連絡先をクリックして勉強戦略コンサルティングをご予約下さい。

 

勉強の正しいやり方をマスターすれば、お子さまの人生は確実に激変します。手遅れになる前に、是非お早めの対応をご検討下さい。

 

メールからのお問い合わせ

勉強コンサルお申し込み

tel:0964275708
お問い合わせ