熊本の塾長が解説する、目的語にing(動名詞)しか取らない動詞、to不定詞しか取らない動詞、両方取れる動詞【英語30分マスター講座】|熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミー

こんにちは。熊本の教育&勉強攻略アドバイザー、ブレイクスルー・アカデミー代表の安東正治です。

 

 

今回のテーマは英語目的語にどんな形を取るかという分類の内容になります。これは中学校から大人になるまで英語学習をされている方にはずっと付いて回る分野かと思いますので、この機会に30分で短期集中で覚えてしまいましょう!

 

 

分類は以下の3つです。

ing(動名詞)しか取らない動詞

to不定詞しか取らない動詞

③両方取れる動詞

 

 

注意しなければならないのは、これらを単なる丸暗記で済ませてしまわないこと。enjoy ing〜enjoy ing〜とか、decide to 〜desire to 〜と呪文のように唱えて無理やり頭にねじ込もうとしても非効率です。それこそ今回ご紹介するものだけが全てではないので、しっかり意味と理由からニュアンスを掴み、これから初めましての単語に出会った時にも対応できるように勉強しましょう。

 

 

それでは内容に入っていきます!

 

 

【お知らせ】

熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーのYoutubeチャンネルです↓↓↓是非ご登録お願いします^ ^

 

 

両方取れる動詞

まずは目的語にing(動名詞)もto不定詞も両方取れる動詞を覚えていきましょう。覚えるべき単語は3つです。

 

remember

forget

try

 

ではそれぞれを例文を使って追っていきます。「両方取れる動詞はこの3つ」という覚え方ではなく、あくまでもそれぞれの使い方を例文を交えて学習することに、記憶定着性を高めるポイントがあります。

 

 

(1) remember

I remembered to mail the letter. 

私は手紙を投かんすることを覚えていた

→私は忘れずに手紙を投かんした

 

I remembered mailing the letter.

私は手紙を投かんしたことを覚えていた

 

 

(2) forget

Whenever I forget to set the alarm, I’m late for school.

アラームをセットし忘れると(毎回)学校に遅れる。

 

My mother always forgets buying a lot of snacks. 

私のママはいつもお菓子をいっぱい買ったことを忘れるの。

 

 

(3) try

I tried to sleep, but the room was too cold.

寝ようとしたが、部屋が寒すぎてできなかった。

 

The food tasted bland, so I tried adding some salt.

味がかなり薄かったので、ちょっと塩をかけてみた。

 

 

なお、動画の中ではここにあえてstopを加えて説明しています。stopは本来「目的語にing(動名詞)しか取らない動詞」のグループなのですが、これからの説明のために比較しやすいよう入れ込んで説明した次第です。一応例文もこちらで挙げておきます。

 

 

(4) stop(目的語にto不定詞を取っているように見える!?)

He stopped to smoke. (自動詞のstop)

彼は煙草を吸うために立ち止まった(手を止めた)。

 

He stopped smoking. (他動詞のstop)

彼は煙草を吸うのを止めた(たばこをやめた)。

 

 

ing(動名詞)しか取らない動詞

次に目的語にing(動名詞)しか取らない動詞について見ていきましょう。以下の単語をまずは覚えよう、ということを学習塾でよく紹介されると思います。

 

mind

enjoy

give up

attempt

finish

escape

put off = postpone

stop 

deny

avoid

 

これらの頭文字を取って「メガフェプスだ」と覚えるように聴いたことがある方もいらっしゃるかも知れません。それはそれで活用するのは良いと思います。まずはこの10組の単語を頭に分類として入れておき、あとはニュアンス、なぜこれらの単語がing(動名詞)しか目的語に取らないのかを意味として、理由として覚えておくことです。

 

 

例えばing(動名詞)しか目的語に取らない動詞には大きく2つのポイントがあります。

・ingで表現された目的語の動詞はすでに現実に起きてしまっていること

・ingで表現された動詞が現実に達成されない(起こらない)可能性が暗に含まれること

 

 

この2点を踏まえてここで挙げた例文を見てみて下さい。

 

 

(1) mind

Would you mind helping me with my work?

私の仕事を手伝っていただけますか。

 

 

(2) enjoy

We enjoyed listening to some classic rakugo stories.

私たちはいくつかの古典落語のお話を聴いて楽しんだ。

 

 

(3) give up

Don’t give up studying English.

英語を勉強するのをあきらめてはいけないよ。

 

 

(4) admit

She admitted killing her husband.

彼女は夫を殺害したことを認めた。

 

 

(5) finish

John finished cleaning his room at three.

ジョンは3時に自分の部屋を掃除し終えた。

 

 

(6) escape

He narrowly escaped being hit by a car.

彼はかろうじて車にひかれそうになるのを逃れた。

 

 

(7) put off = postpone

Don’t put off seeing your dentist.

歯科医に行くのを先延ばしにしちゃだめだよ。

 

He postponed sending an answer to the request.

彼はその依頼に対する返事を出すのを延ばした。

 

 

(8) stop 

※両方取れる動詞の(4)を参照のこと。

 

 

(9) deny

I deny receiving any applications if you are late to turn them in. 

私は少しでも遅れたアプリケーションは全て拒否します。

 

 

(10)avoid

I need to avoid catching a cold.

風邪をひくことを避けなければならない。

 

 

to不定詞しか取らない動詞

最後に目的語にto不定詞しか取らない動詞を挙げていきます。基本的には「toは未来を意味する」ものなので、まだ現実には起きていないことに対する動詞、と考えると良さそうです。

 

wish

attempt

hope

expect

decide

agree

desire

 

(1) wish

I wish to meet with your brother.

できればお兄さんとお会いしたいのですが。

 

 

(2) attempt

He will attempt to win the tournament for five years in a row.

彼は5年連続でその大会の優勝を目指している。

 

 

(3) hope

I hope to become a soccer player. 

私は、サッカー選手になることを望んでいる。

 

 

(4) expect

I expect to recieve a call from Sam soon.

直訳:サムからすぐに電話が来ることを予期します。

(意訳:サムからすぐに電話が来ると思いますよ。)

 

 

(5) decide

I decided to stay up late tonight.

私は今夜遅くまでおきていることを決めました。

 

 

(6) agree

I agreed to your request.

私はあなたの要求に同意しました。

 

 

(7) desire

The Queen desires to see you at once. 

女王陛下があなたにすぐにお目にかかりたいとご所望です.

 

 

何かの参考になれば幸いです^ ^

 

 

【参考】

今回の動画の作成にあたり参考にさせていただいたサイトをご紹介します!

基礎から始める英語学習 

進研ゼミ高校講座 

英語の学び 

英語初級者から中級、上級者への道

ゴガクル 

ソフィア英語専門塾 

ネイティブと英語について話したこと 

ドラゴン桜と学ぶ学習メディア

おすすめVS失敗英語教材ランキング

 

 

まずはお気軽に体験コンサルをご予約下さい

ブレイクスルー・アカデミーは「自分で勉強できるようになる」塾です。
成績の上げ方が分からない、もっと効率的な勉強法を身に付けたい、どうしても行きたい志望校がある、塾にお金をかけ続ける現状から脱したい。。。

 

そういった「今を変えたい」全ての方に、完全個別対応で短期間に「自勉力」を身に付けていただける環境です。ただ、一人でも多くの方とお話ができればと思うのですが、残念ながら対応できる人数に限りがございます。全ての生徒さんを代表自らが直接1:1で対応するためです。

無料体験の実施期間を終えましたので、体験コンサルでも所定のご負担55,000円(90分 50,000円+税)をお願いすることにはなりますが、

枠がとても少ないので、もし少しでもご興味あられましたら、今すぐ下記の連絡先をクリックし体験コンサルをご予約されることをお勧めします。

 

最終的なご判断はお話をさせていただいてからでも遅くはありません。
まずは枠の確保をお願い致します。
1日も早くお子様の現状改善に取り組み始めませんか?

 

メールからのお問い合わせ

無料体験学習お申し込み

tel:0964275708
お問い合わせ