個別指導塾で数学を得意教科にしませんか!?今しかできない努力を最適化!|熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミー

こんにちは。熊本の勉強戦略コンサルティング指導塾、ブレイクスルー・アカデミー代表の安東正治です。

 

 

個別指導塾に全面協力をしてもらって数学を得意教科にする、というプランはいかがでしょうか?今回の内容では、最も重要かつ習得が困難な数学を、今の中途半端な状態から一気に得意教科に変えてしまえる可能性を提示したいと思います。

 

 

そんなの夢物語だ!なんて思わないで下さい。あなたにも十分できることなのですから。あとはあなたがそうしようと思えるかどうかです。もし「あぁ、私も数学が得意教科にできたらなぁ。。。」と思われたなら、此の先を読み進めてみて下さい。

 

 

【お知らせ】

▼熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーのYoutubeチャンネルです↓↓↓是非ご登録お願いします

▼こちらは一般向けに用意した新しいチャンネルで、あらゆる本を読んでその要点を解説したり、私の選んだテーマをまとめて自分で勉強、研究し、解説した動画をあげています。

熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーのYoutubeチャンネル[一般向け教養チャンネル]です↓↓↓是非ご登録お願いします

 

 

熊本の個別指導塾は数学をどう考えるか

熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーは数学を最も重要な教科と位置付けています。それこそ、数学を捨てることは人生を半分捨てることである、というくらいの勢いです。精神論ではありません。現実的に考えて実際にそうなり得るのです。

 

 

数学であなたは何を身に付けようとしていますか?数学の勉強を公式の暗記やパターン認識に終始させるのはあまりにも勿体無いです。数学で身に付けるべき重要なスキルは「論理的思考力」という、コミュニケーション能力の一翼を担うものです。国語で身に付けるべき読解力と合わせて、将来に必ず残したい能力。

 

 

例えば私は数学を暗記であると考えてはいますが、単なる丸暗記だと言いたいわけではありません。何を暗記するのかが重要で、それを真剣に考えていく過程で論理的思考力が何たるかに気付くことになります。

 

 

論理的思考力は一般に、物事を筋道立てて考えられる能力と言われていますが、その汎用性は相当なものです。汎用性とは様々な用途や場面で適用できる性質のことで、要するに何をするにも必要な能力ということになります。

 

 

数学という教科を、より本質的な観点から見直して、何のためにそれを”学ぶ”のかを明確に意識する。単なる勉強という”作業”で終わらせることなく今の努力を将来に活かすことを想定して、何をこの対象から抽出するのか、できるのかを考える。そのことを生徒さん方にはいつも伝えています。

 

 

熊本の個別指導塾は数学をどうフォローするか

ではこういったことを踏まえて熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーは、生徒さん方の数学の勉強をどうフォローしているのか。

 

 

まず公式の暗記や解法の暗記をゴールにさせない指導を前提に置いていることをご記憶下さい。当塾は別に数学の成績を上げるために勉強をしてほしいわけではありません。それでは実際伸び悩みます。矛盾しているように思うかも知れませんが、数学の成績を伸ばしたい!という目先の利益追求型の発想では、実は数学の勉強でほぼ確実に行き詰まってしまうのです。そしてモチベーションが保てず疲れて途中で止まってしまいます。

 

 

なぜそんなことが起こるのかというと、そういう風に考える方のほとんどは数学を勉強したくない人たちだからです。ベースが「数学を勉強したくない」ままだと、1回のテストで結果が出せたとしても、それでかえって満足してしまい「私もやればできるじゃん」とサボってしまうようになります。本気を出せばいつでも取り返せると思ってしまうわけです。これはコンフォートゾーンの観点から言ってもそうです。

 

 

では当塾はどうアプローチするかというと、まずあなたが数学を勉強することに目的意識を持っていただけるようにします。数学を勉強するという作業を、将来への努力として認識し直していただくのです。すると「数学を暗記と見なす」ということの意味が分かってきます。

 

 

例えば熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーでは、公式を暗記するだけではなく、その導き方までしっかり練習するように促します。その必要性も一緒に説明します。それをしなければ数学を勉強する意味がないことまで赤裸々に語ります。それは勿論、数学を通して身に付けなければならないものが公式ではなく論理的思考力だからです。

 

 

数学的な知識をどんな頭に詰め込んだところで、それを将来使うのはごく限られた方々だけです。あなたの進路に直接的に数学そのものが必要となってくることがないのであれば、あなたは数学博士になる必要などないのです。ただ理解するべきは「この”問題”はどうしたら解決できるだろうか」という筋道だけです。

 

 

熊本の個別指導塾は数学をどう指導するか

すると指導も細かくなることが多々あります。論理飛躍を無意識にやるようになってしまうと数学が確実に行き詰るからです。

 

 

論理飛躍とは、論理的に考えてA→B(AならばB)が一見成り立っていない状態になることです。論理展開として「アリストテレスの三段論法」というのが最もオーソドックスで有名だと思うのですが、「A→BかつB→CならばA→C」が成り立つ場合に「A→C」とやってしまうと、仮に結論が合っていたとしても「論が飛躍している」と取られてしまいます。どうしてそうなるの?という余地ができてしまうと、論理的にはアウトなのです。

 

 

例えば私がよく例として出すのは「家で勉強する者は成績が良い」という論。宿題をやってこさせたい大人がよく持ち出す命題ですが、実はこれも論理飛躍です。「A(家で勉強する)→C(成績が良い)」は明確な因果関係ではありませんし、数学の「論理と集合」でも習いますが、反例がある(それが成り立たない場合が1つでもある)ならば「A→C」は「偽」なのです。

 

 

どんなに相関関係(今回の例で言えば、家で勉強する者の方が家で勉強しない者よりも総体的に成績が良いという関係性)があっても、反例があるならば論理的には不成立。A→Cを確実に結びつけるBという要素があるのであれば、それを明示する必要があるわけです。こういったことを、生徒さんの勉強を見させていただきながら指摘して気付いていただくということも、コンサルの中では行っています。

 

 

まとめ

数学は一朝一夕で攻略できるものではありません。それなりに努力が要る。しかしその努力も、適切な努力でなければ応急処置にしかなりません。そして応急処置でいつまでも済ませていれば、その負担はどんどん重くのしかかり、その上状況は一向に良くなることはありません。

 

 

数学という教科が一体何のための教科なのか、数学が暗記教科だとされる本質的な理由は何なのか、どうやって数学を勉強していけば得意教科にできるのかを今回ご説明させていただきましたが、本当に「急がば回れ」です。「論理的思考力を身に付ける」なんて大きな遠回りに思われるかも知れないのですが、実はそれが見た目は険しくても最も安全に将来に残していける王道。

 

 

ここまで読んで下さった方ならば、数学を得意教科にできるポテンシャル(可能性)を十分発揮していけるはずです。ポテンシャルを持っているだけで眠らせて終わりの方も多くいる中、それを発揮できる方というのは本当に稀。気付いた時にしっかり取り組んで、是非数学をものにして下さい。

 

 

熊本の個別指導塾で本気で数学を攻略するなら

このブログの内容に関連して、他にもお役に立てていただけそうな情報がたくさんあります。是非こちらも参考にしていただけたらと思います。今日から早速成績アップへ飛躍していきましょう!

熊本の塾の夏期講習で高校数学を攻略しよう

熊本の塾の夏期講習で中学数学を攻略しよう

熊本高校生も知らない数学の勉強法を塾長がこっそり明かします

 

 

 

多忙につき無料体験は現在行っておりません!

ブレイクスルー・アカデミーは「自分で勉強できるようになる」塾です。
成績の上げ方が分からない、もっと効率的な勉強法を身に付けたい、どうしても行きたい志望校がある、塾にお金をかけ続ける現状から脱したい。。。

 

そういった「今を変えたい」全ての方に、完全個別対応で短期間に「自分で勉強できる力、スキル」を身に付けていただける環境です。ただ、一人でも多くの方とお話ができればと思うのですが、残念ながら対応できる人数に限りがございます。全ての生徒さんを代表自らが直接1:1で対応するためです。

枠がとても少ないので、もし少しでもご興味あられましたら、今すぐ下記の連絡先をクリックして勉強戦略コンサルティングをご予約下さい。

 

勉強の正しいやり方をマスターすれば、お子さまの人生は確実に激変します。手遅れになる前に、是非お早めの対応をご検討下さい。

 

メールからのお問い合わせ

勉強コンサルお申し込み

tel:0964275708
お問い合わせ