熊本の塾長から勉強したくないあなたへ贈る「逆転の発想法」

こんにちは。熊本の勉強戦略コンサルティング指導、ブレイクスルー・アカデミー代表の安東正治です。
 
 
 今回はだいぶ前に撮った「人生のMAXを引き出す方法」シリーズから抜粋してお届けしたいと思います。このメッセージは主に「勉強したくない!」というあなたのためのメッセージです。元勉強したくない族だった私から、あなたが変わるきっかけになればという思いを込めてお伝えします。
 
 
 

熊本の当塾の塾長はもともと勉強したくない人

大体教育業界にいて塾をやっている人や勉強本を書く人のほとんどは「私も昔劣等生だったんですよ〜」と言います(笑)程度の差こそあれ、大抵は劣等生ではないわけですが、そう言った方が親近感が湧くということで、皆戦略的にあえてそういう自分の打ち出し方をするわけです。 
 
 
ちなみに私も勉強したくない人でした(笑)でも最初からというよりも、大学受験前に燃え尽き症候群に陥った、とお伝えするのが一番正確かも知れません。高校3年の頃、部活も終わり体育祭も終わったタイミング。誰もが「さぁこれから受験戦争が本格的に始まるぞ!」と飛ばしにかかる時期に、私の中でプツンと糸が切れてしまったのです。
 
 
「なんでこんなことせないかんの??」
 
 
受験生がこんなことを考え始めたらもうアウトです。勉強が手に付きません。意味のないことはしたくない、したくないことはしたくないというワガママな私は、勉強はしたくないからしないという行動しか取れなくなりました。
 
 
「なんだよ勉強って。。。」
 
 
この問いに納得できる答えが出たのは、そこから4年後のことでした。
 
 

熊本の塾長は勉強したくない自分をどうしたか

勉強したくない人というのは、実は結構胸の内が苦しいものです。なぜなら頭ではちゃんと分かっているから。勉強した方がいいことくらい誰だって分かっています。でも、それでも手が付けられないのです。だから勉強したくない人は現実逃避に走ります。
 
 
人によってはゲームに走り、ゲームセンターで時間を潰すようになる人もいるでしょう。なぜか部屋の掃除を始める人もいます。スマホに逃げる人もいますし、同じように勉強したくない友達同士で集まって傷を舐め合うこともするでしょう。
 
 
とにかく勉強をしない自分が正当であるかのように感じたい衝動に駆られて、勉強ができない自分から必死に逃げようとするのですが、でも夜には家に帰るわけですし、保護者の方がもし「勉強させたい人」ならば、親子喧嘩がしょっちゅう。塾もサボり気味になってお金も勿体ないけれど、これで塾をやめさせたらやめさせたで心配だしと保護者の方も葛藤を抱き、何をどう言っていいか分からない状態になる。
 
 
勉強しないといけないことは分かっているのに勉強ができない葛藤でイライラするあなたと、勉強をしてほしいけど何と声を掛ければいいのか分からないという葛藤で不安になる保護者。このままでは事態は平行線を辿ります。
 
 
でも、残酷な話をすれば、結局は自分で自分の問題をクリアするしかありません。あなたが自分で解決するしかないのです。そしてあなたが抱えるその問題を解決する糸口は、あなたが一体何と戦っているのかを明確にするところから得られます。あなたは一度立ち止まり、考えなければならないということです。
 
 
こういう言葉があります。「もし自分が穴の中にいることに気付いたら、まずは穴を掘るのをやめなさい。」
 
 
私はある時から、勉強に追われるのをやめて立ち止まり、自分や勉強や社会の成り立ちそのものと向き合わなければならなくなりました。私は勉強したくない自分と向き合うことにしたのです。そして、そんな自分を否定するのではなく受け入れました。なぜならそれが自分の本音だから。
 
 

熊本の塾長は勉強したくない自分をどう変えたか

これは余談ですが、人は自分の本音が実は意外とよく分かっていません。本当はどうしたいのか、本当は何を考えているのか、本当は何が欲しいのか、分からないのです。不思議ですよね。自分自身のことなのに、自分で分からない。これが葛藤に苦しむ理由だったりします。進化しすぎた脳の功罪です。

 

 

そこで私は、勉強したくないという自分の本音をあえて受け入れました。そして、それと相矛盾するように存在する「大学に行きたい」という本音も受け入れました。あとはパズルなのですが、

 

 

① 勉強したくない

② したくないことはしたくないという性格は変えられない

③ でも勉強しないと大学には進めない

 

 

というパズルを解くには、あなたならどう解決するでしょうか?

 

 

論理的に考えるとこの図式のままでは解決できませんよね。ただし結論も変えられません。「私は大学に進む」は譲れない。とするならば、勉強するしかない。問題は「①勉強したくない」と「②したくないことはしたくないという性格は変えられない」です。このままでは「勉強しない」にしかならず③と繋がり、結論「私は大学に進む」は達成できないことになってしまいます。

 

 

では私はどうこの問題を解決したか。それは「勉強をやりたいことに変える」でした。そう、勉強がやりたくないもののままでは先に進まないので、勉強を自分にとってやりたいことに変えればいい、それしか解決できないと考えたわけです。

 

 

は!?そんなことできるの!?と思うかも知れませんが、できるかできないかは問題ではありません。もうそれしか解決の糸口がないわけですから、そうするしかないのです。そして、この「したくない勉強を自分のしたいことに変える方法」を数ヶ月の間探しに探して辿り着いたものを事業化したのが、今の熊本の個別指導塾ブレイクスルー・アカデミーということになります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?私がいかに勉強したくない人から今の自分に変われたのか。その過程で見つけた光明が今のビジネスの根底にあるという歴史。この部分があなたに伝わってくれたら嬉しい限りです。

 

 

勉強したくないというあなたの本音はとても重要です。その本音をごまかし始めると解決は一向に進みません。まずは本音と向き合うこと。そしてこの本音は真理に近いものです。ここから何に気付けるかが、あなたの人生を左右します。もしその真理、真実により近づきたいと思う方は、熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーにご一報下さい。成績優秀者たちの頭脳をプレゼントしましょう(なんだかこの言い回しは怪しいですね(笑))。

 

 

私の、そしてこの塾の一番の願いは、勉強で苦しむような子供たちが一人でも多く救われることです。勉強はそんなに苦しんでやるものではないのだけれど、その理屈が分からずに必死に頑張って成績が伸ばせていない子が非常に多い気がしています。そこに明確に解決案を提示したい。もしその具体的な内容に興味のあれば、是非お気軽にお問い合わせ下さい。その全てを包み隠さずお教えします。熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーは、勉強したくないあなたであっても、今の自分をどうにかしたいという強い思いがあるならば、とことん付き合う学習塾です。

 

 

熊本の当塾は勉強したくないあなたのための塾かも知れません

このブログの内容に関連して、他にもお役に立てていただけそうな情報がたくさんあります。是非こちらも参考にしていただけたらと思います。今日から早速成績アップへ飛躍していきましょう!

熊本の塾で宿題がないのはここだけ!?

熊本で当塾でなら中学英語3年分が半年で終わります

熊本の他塾生さんからのご相談に当塾はこう応えます

 

 

 

多忙につき無料体験は現在行っておりません!

ブレイクスルー・アカデミーは「自分で勉強できるようになる」塾です。
成績の上げ方が分からない、もっと効率的な勉強法を身に付けたい、どうしても行きたい志望校がある、塾にお金をかけ続ける現状から脱したい。。。

 

そういった「今を変えたい」全ての方に、完全個別対応で短期間に「自分で勉強できる力、スキル」を身に付けていただける環境です。ただ、一人でも多くの方とお話ができればと思うのですが、残念ながら対応できる人数に限りがございます。全ての生徒さんを代表自らが直接1:1で対応するためです。

枠がとても少ないので、もし少しでもご興味あられましたら、今すぐ下記の連絡先をクリックして勉強戦略コンサルティングをご予約下さい。

 

勉強の正しいやり方をマスターすれば、お子さまの人生は確実に激変します。手遅れになる前に、是非お早めの対応をご検討下さい。

 

メールからのお問い合わせ

勉強コンサルお申し込み

tel:0964275708
お問い合わせ