熊本の塾長が語る”世界一シビアな”英語の成績改善プログラム!

こんにちは。熊本の勉強戦略コンサルティング指導塾、ブレイクスルー・アカデミー代表の安東正治です。

 

 

今日はシビアに行きましょう。この記事でお話ししたいのは英語成績改善するプログラムです。絶対に英語の成績を改善していただくためにも、どうしてもアドバイスがシビアにならざるを得ません。なので、あんまり厳しいことを言われると凹みやすいんです、という方は閲覧をご遠慮下さい。

 

 

ただ、言っていることは当たり前のことじゃあります。結果を出す人達にとっての当たり前です。ですが、それが結果を出せていない人達にとっては結構重たいかも知れません。ですから多少の覚悟を持って聞いて下さい、という意味合いです。

 

 

英語の成績を上げたいなら

まず、英語の成績を上げたいならば、相応の時間を投資するつもりでいて下さい。言語学である以上、どうしても時間の短縮には限界があります。ただ、結構な方が英語の勉強のやり方を間違えているので、その非効率を是正するだけでも成績は伸ばせるかと思います。

 

 

例えば普段の英語の勉強というのは、教科書をベースに単語と文法を同時並行で習得していく感じだと思いますが、これ自体がナンセンスです。単語は分かりますが文法も同時並行で覚えていこうとするのは間違いと言えます。

 

 

そもそも私たちが日本語を習得する時もそうだったように、文法知識はある程度言語習得できた後にやったはずです。なのに英語や古典といった”外国語”の習得には、その非効率なやり方で勉強して違和感を感じない方が多いのです。

 

 

文法は後回しで構いません。まずは英語の文章を読みまくって下さい。それも日本語訳がちゃんとついたものを使って下さい。教科書の英文に日本語訳がないなら、教科書ガイドやネットで拾ってきてでも日本語訳を手に入れて下さい。自分でゼロから訳を作るなんてもってのほかです。

 

 

学校の教師の中には「自分で単語や文法を調べて日本語訳を作って来い」という教師もいるかも知れませんが、そんな非効率な勉強はありません。まだ単語力も文法知識も十分でない生徒が、自力で調べて日本語訳を作るのには相当な時間が必要です。そして、そうやって訳を作っても英語の勉強にはなりません。時間は掛かれど効果は薄いのです。

 

 

そうではなくて、日本語訳はカンニングして良いから、むしろその訳を使って英語の文章の内容を理解して、覚えるべき単語を覚えるために時間を使って下さい。時間を掛けて訳を作るよりも、訳をカンニングして単語を1つでも多く覚えることに時間を使う。

 

 

この「何のために時間を使うのか」を意識して勉強に取り組んで下さい。

 

 

◯◯を習得すれば英語の成績が半年間で倍になる!?

倍というのは極端かも知れませんが、実際私はあるものを習得したことでセンター試験の点数が110点 / 200点が190点 / 200点になりました。英語を読む感覚がガラッと変わったのです。それこそネイティブと同じような感覚で英文を処理できるようになりました。

 

 

ではその◯◯とは何か。それは「基本五文型」です。色んな記事や動画でこの基本五文型の重要性を主張してきた私ですが、本当にこの英語の大原則を習得するだけでも英語の成績は飛躍します。

 

 

ただ、私はその習得に丸々3ヶ月投資しました。言っても私がその重要性に気づいた頃にはそれなりの単語力と文法知識が身に付いていたので、それで3ヶ月掛かったということは、やはり半年は習得に時間が必要だということです。

 

 

特に品詞の理解から動詞をはじめとした単語の習得、文章読解力や英作文対策もこの基本五文型の習得過程である程度身に付きますので、安心して半年間を投資していただけます。ただ、この半年はそれだけ基本五文型の習得に集中して下さい。でないと時間が足りません。むしろこの基本五文型の習得を軸に据えて他の分野を網羅して習得してしまおうという発想で取り組んでみましょう。

 

 

勿論、これは英語に限った話なので、他の教科を勉強せずに英語だけに集中せよ、という話ではありません。

 

 

英語が伸び悩む根本的な理由

そもそも英語は伸び悩むということが容易に起こる教科です。それはあれもこれもやろうとして全てが中途半端になるからです。それこそ学校の授業の組み立てがそういう構成になっていますよね。単語の習得と表現の習得と文法の習得と文化的な知識の習得と、、、と色々なことをごちゃ混ぜにして覚えさせようとしたり、読む力と書く練習を同時させたりするので、そういった同時並行が一番突き抜けない勉強法です。

 

 

言語学は複雑であるがゆえにあれもこれもしないと不安になるものですが、そういった時の対処法は1つしかありません。1個1個順番に、です。

 

 

まずは文章を読み込むことで英語慣れをして単語をある程度頭に入れること。1ヶ月くらいは文章の読み込みに使って良いかも知れません。勿論読み込みに使う教材は日本語対訳がセットになったものを使って下さい。逆に、日本語対訳が付いていないものは読み込みに使ってはいけません。絶対に。これは数学での勉強の折、解答が付いていない問題を解くのと同じくらいナンセンスです。

 

 

文章の読み込みで英語慣れをして、かつ単語にもある程度触れてきたなと思ったタイミングで、基本語文型の習得に入って下さい。私個人のオススメは

 

 

代ゼミ冨田の『英文読解100の原則 上・下』

 

 

上下巻なので2冊構成ですが、この2冊を完璧にやり込めば英語の読解力は格段にパワーアップします。これは習得した人にしか分からない感覚でしょう。英文の見え方がガラッと変わるのです。そしてネイティブ感覚と同じように英文を前から順番に処理できるようになるので、英語と日本語の整合に掛かるタイムラグが極端に短くなるわけです。

 

 

でもこの基本語文型について本格的に習得させようとしている学校のカリキュラムは見たことがありません。もしかしたら難関私立などではそういう授業も充実しているのかも知れませんが、基本的には学習指導要領上、そこまでの時間を確保されていないように思います。

 

 

現時点で英語の習得が不十分な人へ

英語は大事!と頭ごなしに言うつもりはありませんが、もしあなたが受験という目標を掲げていると言うのなら、英語は攻略しておかなければなりません。英語が苦手なままで受験競争に勝つには、それ以外の教科が特別得点できなければ厳しい。

 

 

ただ現実的に言えば英語でついた点差を他の教科で埋めるのは相当キツイ展開になるはずです。それこそ、高校受験であれば5教科はフラットに同じ点数配分ですが、大学受験に限って言えば英語の点数配分は基本的に大きいからです。

 

 

ということは、せめて英語の得点力を普通レベル以上にまで引き上げる必要があります。ただ、普通レベルであれば力技でも行けないことはありませんが、時間が掛かり過ぎると思うのです。であれば、基本語文型になるべく早い時期から時間を割いて習得を心がけたほうが賢明と言えます。

 

 

それに、英語そのものは受験に限らず、その先の人生において確実に役立ちます。使う機会はいくらでもあるわけです。ですからここで半年間の時間を英語に割くことが受験勉強に限らない効果があると思えば、投資する意味も見えてくることでしょう。

 

 

まとめ

英語の受験対策と見れば視野は狭くなりますが、こと英語に関しては他の教科と違って実学に直結しています。数学も論理性を学ぶ学問でもありますが、論理性は他にも学び方があるので、同じ類とは言えません。その点は英語はダイレクトです。

 

 

勿論技術的には翻訳機も進歩しているのですが、英語はあくまでもコミュニケーションのツールですから、理想は口頭での受け答えができることでしょう。ましてや情報の最先端は英語で書かれていたりします。そして英語が習得できれば同じ方法で他の言語も習得しやすくなります。派生効果は多岐に渡ります。

 

 

ですから今のあなたが文章の読み込みと基本五文型を半年かけてやっていくことには明確な効果が期待できると言えます。あとはあなたの判断次第です。

 

 

熊本の塾で英語の攻略に真剣に取り組む気があるか

このブログの内容に関連して、他にもお役に立てていただけそうな情報がたくさんあります。是非こちらも参考にしていただけたらと思います。今日から早速成績アップへ飛躍していきましょう!

現役合格を目指す人のための英語の受験対策法

中学3年分を半年で終える法

熊本の塾で英語の発音を習得せよ!

 

 

 

多忙につき無料体験は現在行っておりません!

ブレイクスルー・アカデミーは「自分で勉強できるようになる」塾です。
成績の上げ方が分からない、もっと効率的な勉強法を身に付けたい、どうしても行きたい志望校がある、塾にお金をかけ続ける現状から脱したい。。。

 

そういった「今を変えたい」全ての方に、完全個別対応で短期間に「自分で勉強できる力、スキル」を身に付けていただける環境です。ただ、一人でも多くの方とお話ができればと思うのですが、残念ながら対応できる人数に限りがございます。全ての生徒さんを代表自らが直接1:1で対応するためです。

枠がとても少ないので、もし少しでもご興味あられましたら、今すぐ下記の連絡先をクリックして勉強戦略コンサルティングをご予約下さい。

 

勉強の正しいやり方をマスターすれば、お子さまの人生は確実に激変します。手遅れになる前に、是非お早めの対応をご検討下さい。

 

メールからのお問い合わせ

勉強コンサルお申し込み

tel:0964275708
お問い合わせ