個別指導塾で短期集中!古文を得意教科へ変えたい方へ|熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミー

こんにちは。熊本の勉強戦略コンサルティング指導塾、ブレイクスルー・アカデミー代表の安東正治です。
 
 
熊本の個別指導塾としては古文得意教科にしておくことを1つの戦略として提案致します。あなたにとって古文はどんな扱いでしょうか。ちなみに私は以前から「古典は要らない」と主張してきました。なんせ将来全く使わない知識No.1ですから。古文漢文を習得したところで、それを大人になってもガチで使うような職業は、研究職か専門家しかありません。
 
 
しかし子供たちの一体何%が将来古文漢文の知識を必要とする研究職や専門家になるでしょうか。古文漢文の知識がなくて困る大人の比率は現段階でどれくらいで、今後の日本の将来を考えた時にその比率は上がっていくのでしょうか。
 
 
そういった現実的な視点を踏まえつつ、ここでは受験戦略のために古文をどう攻略していくかを考えていければと思います。漢文はまた別に吟味していく予定ですので、まずは古文だけに絞って検証していきましょう。
 

 

【お知らせ】

▼熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーのYoutubeチャンネルです↓↓↓是非ご登録お願いします

▼こちらは一般向けに用意した新しいチャンネルで、あらゆる本を読んでその要点を解説したり、私の選んだテーマをまとめて自分で勉強、研究し、解説した動画をあげています。

熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーのYoutubeチャンネル[一般向け教養チャンネル]です↓↓↓是非ご登録お願いします

 

 

熊本の個別指導塾は古文をこうフォローする 

まず古文の対策を始める前にやらなければならないことがあります。そろそろ熊本の個別指導塾ブレイクスルー・アカデミーの戦略思考は身に付いてこられましたか?そうです、最初に考えなければならないのは何のための古文対策か、という点です。
 
 
センター対策なのか二次試験対策なのか、学校のテスト対策なのか模試の対策なのか。この部分を踏まえずに「古文をどうやって勉強しよう?」と考えてしまうと、方針を立てられないのは当然ですし、結局非効率な勉強になってしまいます。
 
 
古文は基本的に読めてしまえばおしまいなのですが、その読解に対してどこまでの精度を求められるかによって、どれくらいの時間的投資が必要になってくるのかが見えてきます。センター対策についてはほどほどで良くても、二次試験では大学毎に求められる知識量が変わってきますので、自分の志望校の古文はどうなのかを検証しておきましょう。
 
 
古文常識というのもありますが、これもやるかやらないかは大学の受験レベル次第。勿論古文常識の知識があった方がより解きやすくなるのは間違いないのですが、最初から古文の勉強に古文常識を想定して始めるかどうかがスタートの時点で決まるわけです。
 
 

熊本の個別指導塾は古文をこう教える

先に挙げた通り古文にはいくつか分野があります。分野というか項目と言うべきでしょうか。

 

 

古文単語

古文文法

古文常識

 

 

そして2番目に示した古文文法の中がまた

 

 

活用形

活用の種類

接続

敬語

 

 

といった項目に分かれていきます。要するにこれらの項目の中でどこまでこだわって習得する必要があるのかというのが、最初にある程度想定しておきたい内容ということになります。

 

 

ただ、ほとんどの方にとっては古文は決して難しいレベルのことは求められませんので、古文単語をガツガツ入れて、文法知識を一通り入れるだけで対応はできると思います。ですから気持ち的に余裕がある方(古文が嫌いでない方)には、最初からセンター試験の過去問を使った実戦的な勉強法を推奨しています。

 

 

ここは英語と同じで、古文もある種言語学です。昔の日本語とは言え現代語とは大きく異なるので、外国語のようなアプローチで勉強することになります。そこで、現代語対訳がしっかりついている教材を使って読み込み練習するのが最も速いので、対訳がついているセンター過去問を最初から使っていった方が良い、というのが熊本の塾ブレイクスルー・アカデミーの戦略です。

 

 

熊本の個別指導塾は古文をこう考える

かと言って、あまりに受験に偏りすぎた効率的学習法だけを教えても、何となく面白みに欠けるかなとも思います。もし「古文を勉強する!」という気持ちが固まったのであれば、古文自体に興味関心が向くようなこともお話します。

 

 

例えば百人一首。たった五七五七七の31文字に情景、情緒豊かな恋心を読み込む技法は古文ならでは。以前もご紹介したように古文は同じ「推量」だけでも6種類あり、同じ推測でも根拠がある場合は「推定」と別に3種類の使い分けがあります。これだけ細かい分類があるからこそ、たった1文字2文字を通して読み手の考えや感情の機微が見えるのです。

 

 

ですから古文が面白くないと言うつもりはありません。ただ、古文が全員の生徒に課すほどの将来性を持ち合わせていないという現実的な話をしているのです。面白く感じるに越したことはありませんし、それが理想。だからこそ古文の魅力も併せて感じていただきたい。

 

 

その一方で、勉強が単に受験のためにする”作業”であるならば、せめて今よりも短い時間で終わらせて今よりも高い成果をキープできるように状況を改善した方が楽ですし、その上で古文をもしちゃんとやると言うのなら、その発想に基づいて戦略的に攻略した方が良いよね、ということなのです。

 

 

ですから、古文の魅力発見というプロセスは、あくまでも勉強の効率化のためであって、それ以上のことは研究職や専門家になる方が自身の興味関心の下で伸ばしていくべきものだと、熊本の学習塾ブレイクスルー・アカデミーは考えているのです。

 

 

まとめ

個別指導塾としての強みは、一人一人の生徒さんと距離が近いことであり、生徒さんの興味関心に合わせて古文の話ができることにあります。恋愛の話が好きなら恋愛に合わせて、建築や建物などが好きなら構造的な観点からといったように。

 

 

古文は数ある科目の中でも得点源にしやすい科目ですので、しっかり短期間にやれば一気に伸ばせます。あとはそれだけの目的意識を持って取り組めるかどうか。やるべきことは単純ですから、効率化のためには興味関心が湧くような話題で自分の古文へのベクトルを調整しましょう。

 

 

ただし気を付けたいのは、受験のことだけしか見えてなければ古文も大事な科目と見なせるものの、もっと引いて自分の人生上の位置付けで見ていくと、その価値が途端に下がってしまう方が非常に多いということも視野に入れておくべきかと思います。要するに、あなたにとって古文はどういった意味を持ちますか?ということです。

 

 

となれば他の教科、科目とのバランスを考えた時に、古文にかける時間をなるべく短く抑えたいと思うかも知れません。学問としての面白さを追求するのも悪くはありませんが、それはあなたが古文が好きなら個人的に行うべきことであって、受験のためにはあまりプラスにはならないのです。しかし興味・関心が湧いたことを深めていくことには相応に時間が掛かります。

 

 

受験のための努力か、自分の興味・関心のための完全個人の追求か。どちらに自分が時間を使っており、その時間の使い方で欲しい成果にプラスになるのかどうか。ちょっと難しいかも知れませんがシビアに考えて下さい。受験の先に欲しい成果があるのなら、あなたは受験を優先せざるを得ないわけですから。時間は有限です。

 

 

もしその調整が個人でやるには難しいとお思いであれば、是非ブレイクスルー・アカデミーの方までご連絡下さい。あなたが求める成果に直結した効率的な勉強法をサポートさせていただきます。

 

 

熊本の個別指導塾で古文を攻略せよ

このブログの内容に関連して、他にもお役に立てていただけそうな情報がたくさんあります。是非こちらも参考にしていただけたらと思います。今日から早速成績アップへ飛躍していきましょう!

熊本の個別指導塾で国語の苦手を克服する方法

熊本の塾の夏期講習で高校国語を勉強するには

熊本の個別指導塾で中学生はこう国語を勉強しよう!

 

 

 

多忙につき無料体験は現在行っておりません!

ブレイクスルー・アカデミーは「自分で勉強できるようになる」塾です。
成績の上げ方が分からない、もっと効率的な勉強法を身に付けたい、どうしても行きたい志望校がある、塾にお金をかけ続ける現状から脱したい。。。

 

そういった「今を変えたい」全ての方に、完全個別対応で短期間に「自分で勉強できる力、スキル」を身に付けていただける環境です。ただ、一人でも多くの方とお話ができればと思うのですが、残念ながら対応できる人数に限りがございます。全ての生徒さんを代表自らが直接1:1で対応するためです。

枠がとても少ないので、もし少しでもご興味あられましたら、今すぐ下記の連絡先をクリックして勉強戦略コンサルティングをご予約下さい。

 

勉強の正しいやり方をマスターすれば、お子さまの人生は確実に激変します。手遅れになる前に、是非お早めの対応をご検討下さい。

 

メールからのお問い合わせ

勉強コンサルお申し込み

tel:0964275708
お問い合わせ